水泳の入江陵介の彼女との結婚説!筋肉はイケメンだけどオネエって本当?

今回は、水泳の入江陵介の彼女との結婚説を初めとして、筋肉はイケメンだけどオネエという噂は本当なのか…といった内容で考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

入江陵介の筋肉がイケメンすぎる!

ロンドンオリンピックに続いてリオオリンピックでも出場が内定した入江陵介選手。

向井理似のさわやかな顔に加え、鍛えられた筋肉は美しいとしか言いようがありません。

「水泳選手だから肩幅も広く、鍛えられた筋肉は当たり前」と思いがちですが、他の選手よりギュッと濃縮したような筋肉をしています。
腹筋はシックスパックがはっきりと見え、むきむきの上腕二頭筋から伸びた細い腕とそれに続く長い指。

人間を通り越して何か水中で優雅に泳ぐ魚になってしまったかのようで惚れ惚れしてしまいます。

背泳ぎの選手なので、胸の筋肉よりも背筋を重点的にトレーニングしているんだそうですよ。
入江陵介選手の筋肉について熱く語ってしまいましたが、プロフィールについても見ていきたいと思います。

入江陵介選手は1990年大阪市天王寺区生まれの26歳(2016年7月現在)。

中学に入ってから本格的に背泳ぎに転向し、中学卒業直前に100m、200m背泳ぎで日本中学記録を樹立しています。

その後も数々の大会で好成績を収め、2012年のロンドンオリンピックでは男子200m背泳ぎで銀、男子100m背泳ぎで銅、北島康介選手らと出場した男子400mメドレーリレーで銀を獲得しました。
北島康介選手が惜しまれながら競技人生にピリオドを打ったのは記憶に新しいですが、北島選手の感謝の会に参加した入江選手は「(ロンドン五輪)のメドレーのメンバーが人生で一番興奮したリレーです!」とコメントしています。

確かに、あのリレーは「(北島)康介さんを手ぶらで帰すわけにいかない」とメンバーが一丸となって頑張っていた様子がテレビ越しにも伝わる大変印象深い試合でした。

リオオリンピックでは男子400mメドレーリレーはメンバーも一新しますが、前回の五輪以上のパフォーマンスを見せてくれることを期待しています!

スポンサーリンク

オネエって本当?

イケメンなので女性に人気があると思っていた入江陵介選手ですが、実はオネエ疑惑があるそうなのです。

確かに少し高めの声で会話中に口を隠したりする女性らしいしぐさ、柔らかな雰囲気があるので、そのように誤解されてしまうのかもしれません。

また、三代目JSBの大ファンなことも公言していますが「ライブで岩田さんやNAOTOさんと目があった!」とキャピってしまうのもどことなく女性らしいというか・・・・

取材の入江選手はテレビでみるよりも3倍くらいオネエ度が高い!という記者もいたり、番組収録で「どうやって出ればいいのかしら?」「キャラがばれちゃう~」と乙女言葉で話していたという噂もあります。
入江選手がオネエかどうかは正直よくわかりません。

ですが、大きめのアヒル口や優しそうで母性本能くすぐる表情、それと裏腹な細マッチョはそっち系の人達にはウケがよさそうな気もします。

いずれにしてもあの甘いマスクで女性人気は不動のものですし、男性からも人気があるとなるとそれはそれですごいことかもしれません!

彼女との結婚の噂

入江陵介選手には一時期外国人選手との熱愛の噂がありました。

しかし、調べても具体的な人物は出てこず、海外遠征が多いからという理由で噂がたっただけのものでした。

それをいうならアスリートはみんな海外に彼氏彼女がいることになってしまいますが・・・とつっこみたい気持ちでいっぱいです。
最近の入江選手ですが、ツイッターに映画『植物図鑑』を観て「いやぁ・・・こんな恋がしてみたい。笑」と。

しかも、その数日前には一緒に観に行く人を募集していました。

これは今のところ、彼女はいないとみていいのではないでしょうか。
ちなみに『植物図鑑』は女子が好みそうな、きゅんきゅん系の恋愛物語。

結構入江くん、純粋なんだなぁ・・・。

そんな入江選手が大好きです!

リオオリンピックで最大限のパワーを発揮し、また感動とメダルを日本にもたらしてくれるよう、日本中で応援しています!

最後に

今回は水泳の入江陵介の彼女との結婚説を初めとして、筋肉はイケメンだけどオネエという噂は本当なのか…といった内容で考察していきました。

水泳にあまり関心が無い方でも彼の存在をご存知の方は多くいらっしゃると思います。

それだけ、入江選手の実力が日本だけでなく世界にも通用していることを裏付けているといっても過言ではないでしょう。

リオオリンピックでも当然彼に期待されているメダルは金ですよね。

年々海外の選手の実力も上がってきているので油断はできませんが、彼ならば入賞できる確率は非常に高いです。

いかに本来の力を発揮できるかにかかっているわけですよね。

最近では世界で物騒な件が起きているので選手たちも不安だとは思いますが、ぜひメダルを持って日本に帰国してほしいです。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ