村田沙耶香の彼氏や性格は?出身高校・大学やコンビニ人間の内容とは

今回は、芥川賞を受賞した村田沙耶香さんの性格や彼氏は居るのか…といった内容をはじめとして、出身高校・大学や受賞作品である「コンビニ人間」の内容に関して触れていきたいと思います。

芥川賞を受賞した村田さんですが、これまでにも様々な賞をとってきたことで知られています。

代表作はギンイロノウタと言われることが多いですが、彼女の作品のそれぞれに根底にある何かが練り込まれているため、どれも甲乙つけがたい作品です。

受賞した作品も気になるところですが、まずは彼女の性格や私生活に関して触れていきましょう。

スポンサーリンク

村田沙耶香の性格は?

村田さんはご自身の事を割と”普通な人間”と語ることが多いですが、周りの人間からすれば変わっていると思われていますよね。

作家の友人からはちょっと変わっている、吹っ飛んでいる…なんてことをよく言われているらしいですが、仕事面に関してはそれが顕著に表れていますね。

クレイジー沙耶香…なんてあだ名もついているとのこと。

小説を書くことを”喜”と称していると仰っていました。

これに関しては小説家らしいなぁと感じました。しかし、○人のシーンやちょっとショッキングなシーンを描く際にはその感情が非常に高まるとのことで、やはり吹っ飛んだ性格をされているのかもしれませんね。

小説家の方は個性的な方が多い中、村田さんは見た目的にも割と普通な印象を受けましたが、蓋を開けてみればこういった世界観をしっかりとお持ちになっているということですね。

彼氏は居るのか?

婚約はされていませんが、現在36歳という事もあって、彼氏が居てもおかしくはありませんよね。

容姿も可愛らしいですし、モテそうな気もしますが、仕事柄そういった事に力を注ぐのが難しいのかもしれません。

小説(仕事)をするときのモチベーションが特に上がると仰っていることから、恋愛事よりもお仕事に熱を注ぐことの方が夢中になれる…という事でしょうね。

そういった方も世の中に多くいらっしゃいますし、村田さんも今は賞を受賞した事で様々なメディアから注目されてそれどころではない気はしますね。

もう少しお仕事が落ち着いてからそういったお話も浮上してくる可能性が高いと思います。

出身高校・大学は?

村田さんの出身高校は不明ですが、最終学歴は玉川大の文学部です。

03年ごろから文学賞を受賞し始め、09年にはギンイロノウタにて野間文芸新人賞を受賞。

これが代表作と呼ばれるようになったわけですね。

それから、10年12年13年と三島由紀夫賞を受賞し、13年に受賞作品となった「しろいろの街の、その骨の体温の」は筆者も購入しました。

そこから3年後の16年に芥川龍之介賞を受賞したわけです。

前々から彼女の世界観に注目していた方は多くいらっしゃいましたが、今回受賞した「コンビニ人間」に関しては、それ以外の方も確実に手に取る事になるでしょうね。

筆者もまだ読むことが出来ていませんが、電子書籍なら読むことが可能とのこと。

スポンサーリンク

コンビニ人間の内容

現在まだ読むことが出来ていないため、ひとまずあらすじのみご紹介したいと思います。

主人公は古倉恵子という女性。年齢は36歳

彼氏はこれまでに一度も出来た事が無く、大学卒業後はずっとコンビニのバイト生活。

卒業してから18年間、オープンした当初から「スマイルマート日色駅前店にてバイト生活を続けており、これまでに店長が入れ代わるのを8回見ている。

食生活はもちろんコンビニの食事。

日常生活でも夢の中でもコンビニのレジを打ち、コンビニの風景と”いらっしゃいませ”の掛け声が彼女に安眠をもたらしてくれている。

「仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、私を世界の正常な”部品”にしてくれる」

そんな中、婚活目的の新入りのアルバイトの「白羽」という男がやってきて、彼女に「そんなコンビニ的生き方は”恥ずかしくないのか”と告げられる。

 

以上あらすじになります。

大学卒業からずっと”部品”のような生活、いわばコンビニ的な生活をしている古倉はその生活自体になんの不満も無く生きているわけですが、そこに白羽がやってきて、彼女にどんな影響を与えていくのか…といった紹介ですね。

断片的で伝わりにくかったと思いますが、皆さんもぜひ続きを読んでほしいです。

後日読み終わりましたら、感想を追記していきたいと思います。

最後に

今回は、芥川賞を受賞した村田沙耶香さんの性格や彼氏は居るのか…といった内容をはじめとして、出身高校・大学や受賞作品である「コンビニ」の内容に関して触れていきました。

芥川賞受賞本当におめでたいですねー。

これから先まだまだ素晴らしい作品を生み出してくれる事に期待が高まりますが、その反面、そろそろ浮いた話も出てきても良い頃合いですよね。

今回の受賞がきっかけでそういった事ももしかすればあるかもしれませんね。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ