辻泰広の職業は修復士!顔画像(写真)や動機と女性タレントの名前は?

今回は、辻泰広の職業は修復士ということで、修復士の仕事内容を初めとして、顔画像(写真)や動機とタレントの名前について考察していきたいと思います。

最近女性タレントに手を出そうとする一般人が非常に多くなっていますが、今回は実際にタレントさんの身体に影響は無かったとのことです。

そのタレントをストーキングしていたのは『辻泰広』という男でした。

前回のような惨劇になる前に行動を阻止する事が出来たのは幸いですが、未だにこういった人間が存在しているのかと思うと恐ろしい限りです。

それではまず、この男の顔画像から見ていきましょう。

スポンサーリンク

辻泰広の顔画像(写真)がヤバい件

では早速ですが、今回やらかした辻の画像です。

一般人ですがドラマの悪役に出てきそうな面持ちをしていますね。

やってしまった事はまさにドラマさながらの行為でした。

この男の年齢は34歳とのこと。

30歳を超えてもタレントを追いかけまわすような事をしているとは本当に驚きですね。

辻泰広の職業は修復士

辻は無職ではなく、修復士として仕事をしている立派な社会人です。

修復士とういう職業をあまりご存知が無い方が多いと思いますので、簡単にご説明致します。

修復士とは言葉通り、美術品や絵画を修復する仕事です。

特別な資格を持っていなくともこの仕事に就くことができます。

給料はまちまちですが、海外の修復士の給料は年間約100万円とのこと。

日本でもピンキリだとは思いますが手取り約10万円程なのでしょうね。

そのお金を使って女性タレントのグッズを買って応援していたのでしょうけれど、我慢が出来なくなって追っかけ行為がエスカレートしてしまった…というわけですね。

辻泰広の動機とは?

想像は付いていましたが、辻の口からは『好きという気持ちを抑えることが出来なかった』といったニュアンスで語られました。

別れてしまった恋人に対して未練が残っていてこういった行為に走ってしまう人間は少なくありませんが、付き合っても居ないタレントにここまで熱中できるとは色々な意味で恐ろしいですね。

この男が女性タレントを追いかけまわした方法は、女性の自宅付近で待ち伏せていたとのこと。

スニーキングミッションは失敗という形で終わりました。

表情にインパクトがあって恐ろしいですが、仕事はちゃんとやっていたようですし、普通にしてればこのまま生活する事ができたと感じます。

飯田さんに夢中になりすぎて仕事が手につかなくなってしまった…のかもしれませんし、あるいは、仕事が嫌になって最後に良い想いをして砕け散ろうと思ったのか。

辻の心境の変化についてはまだ明らかになっていませんので、想像するしかないですね。

気を付けていてもタレントという職業柄、厄介な人間に絡まれることは多いと思いますが、これからは今まで以上に注意を払って活動を続けていって欲しいですね。

スポンサーリンク

女性タレントの名前は?

女性タレントの名前は『飯田ゆか』さんという方です。

元スマイル学園のアイドルでしたが、現在はタレントに転身しています。

年齢は18歳ですから、辻が完全にロリコンであることが伺えます。

飯田さんは以前と比べると大人っぽくなりましたが、どことなくあどけなさが残っていますね。

以前よりも肉付きが良くなった感じもします。

ファンからすれば”劣化してしまった”なんて感じるかもしれませんね。

ただ、18歳という事を考えると年相応の可愛らしい容姿に成長したと言えますし、この先の仕事の幅も広がっていく気もします。

こう考えると、この男はスマイル学園の頃から飯田さんの大ファンだったのでしょう。

古参だからといって手を出す権利はありませんが…

→飯田ゆかの過去の画像やスマイル学園を退学した理由はコチラ!

最後に

今回は、辻泰広の職業は修復士ということで、修復士の仕事内容を初めとして、顔画像(写真)や動機とタレントの名前について考察していきました。

辻の狂気に満ちた顔もインパクトがありましたが、18歳になった飯田さんの現在が想像以上に可愛くて驚きましたよね。

辻が行った事は許しがたい行為ですし、二度と戻ってきてほしくはありません。

こういった人間がアイドルやタレントを苦しめているわけですが、やはり共通しているのは憧れの存在をどうにかして自分の物にしてやろう…といった思考がある点ですね。

今まで恋愛をする機会が無かったのかどうかは不明ですし、この先明かされる事も無いでしょう。

ただ、一方的な好意で手に入るような物では無いということを誰かが教えてあげるべきだと感じます。

こういった件はこれまでにも多くありましたね。

やって良い事と悪いことの区別。それどころか、他人の気持ちを二の次にして、自分の感情を押し付けようとすること自体が間違っている事を、このような人間には学校で時間をかけて教える必要があるのかもしれません。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ