能年玲奈がのんに改名した理由はなぜ?由来や賠償金はいくらか

今回は、能年玲奈がのんに改名した理由はなぜなのか…といった内容をはじめとして、芸名の由来や事務所に支払う賠償金はいくらなのかを考察していきたいと思います。

能年玲奈さんが引退をするのではないかと噂されていたのは周知の事実ですが、最近になって彼女が行動に移したようです。

芸名を能年玲奈→のん に変更して新たな出発をするらしいですが、現在もなお彼女が所属している事務所には名前が残っています。

彼女の中では縁を切りたいと考えているでしょうが、事務所は所属している間に独立をしようとした能年さんに法的処置を考えているようです。

どうなるか気になるところですが、まずは彼女の改名した理由や名前の由来について触れていきましょう。

スポンサーリンク

能年玲奈から「のん」に改名した理由

それではまず初めに彼女が改名した理由について見ていきましょう。

能年玲奈さんの本名はご存知の通りそのまま「能年玲奈」です。

そのため、今までもストレートに能年玲奈という本名で活動していたわけですね。

彼女の純粋なキャラクターに心を惹かれた方はいらっしゃるかと思いますが、そういった部分でも彼女のまっすぐな一面を感じることが出来たと思います。

その能年玲奈から「のん」…という何かこじらせてしまったような芸名に変えることとなった理由は今まで所属していた事務所『レプロエンタテイメイント』とのやりとりがあったからですね。

いままで活動出来ていたのは言うまでも無くレプロのおかげです。

そのため、途中でいきなり仕事をしなくなった能年さんに対して、そのままの芸名で活動していって良いよ…なんて言うわけがありません。

利権関係で能年玲奈という芸名が使えなくなってしまったわけです。

ファンの間では復活が喜ばれていますが、中にはこの「のん」という芸名に関して不満を漏らす方もいらっしゃいます。

どう考えても、今までの能年玲奈という字面は素敵でしたし、インパクトもありましたよね。

それが、いきなり『のん』ですからね。

 

彼女がどうして消えてしまったのかと言う点に関しては以前の記事でお話しましたが、やはり洗脳されていたという噂は嘘ではなかったようですね。

自分を成長させてくれた人間が相手ですから、「この人が教えてくれることは自分をステップアップさせてくれる」と思ってしまうのは普通ですし、自分自身で”おかしい事”と思っていたとしても、その人間が言いくるめてしまえばどうしようもありません。

→能年玲奈が消えた理由は”ある人物”による洗脳だった?

果たしてあの方がどこまで彼女を今まで以上に芸能界で輝かせることが出来るのか見ものですね。

スポンサーリンク

『のん』の意味や由来は?

のんという名前の由来や意味に関しては彼女自身はコメントを残していません。

能年玲奈→うねれいな→のん

となったと考えるのが自然ですね。

恐らく意味なんてものは無いのではないでしょうか。

この芸名を考えたのは、ご自身、もしくは滝沢充子さんあたりでしょうね。

洗脳している張本人が彼女の新たな芸名を考えたのではないかと筆者は感じますが、どちらにしても微妙な芸名になってしまった事に変わりはありません。

 

彼女が復帰されたことはファンにとっては嬉しいニュースとなりましたが、能年玲奈から「のん」に改名されてしまった事に関しては抵抗がある方が多いでしょう。

正直ダサいと感じてしまいました。

今までは能年玲奈という名前だったので、唯一無二感が凄くありましたが、のんって…

呼び方に関しては「のんちゃん」といった風にキャッチーに呼ぶことが出来る点は良いかとは思いますが、ダサさがにじみ出ていますね。

事務所に支払う賠償金はいくらなのか?

能年さんが所属していた事務所は彼女がこれから”復帰”という形で活動を再開する事を当然良く思っておらず、冒頭でもお話したように法的処置を考えているとのこと。

普通に考えてそうですよね。

理由はどうあれ、今まで手塩にかけて育ててきた女優がいきなり事務所と契約途中で仕事を放棄してしまった上に、途中で独立をしたわけですから。

彼女自身が売れることによって事務所にもお金が入ってそこから彼女に給料が入るわけですので、彼女が仕事をしない限り事務所にもお金が入ってきませんし、もし仕事が決まっていた場合には、これからそのクライアントとの関係も悪くなってしまう可能性があります。

仕事をしなくなってしまった…という話を考えると、決まっていた仕事を放棄→事務所にお金が入ってこないだけでなく、その会社に”なんらかの形”で程度お詫びをした事でしょう。

そういった事を踏まえると、それなりの賠償金を要求されることとなるでしょうね。

契約内容・能年さんが仕事に行かなかった事で出た損害額や裁判の内容によって賠償金は変わってくるので具体的な賠償金の額がいくらになるのかは判断できませんが、少なからず数百万~はいくでしょうね。

最後に

今回は、能年玲奈がのんに改名した理由はなぜなのか…といった内容をはじめとして、芸名の由来や事務所に支払う賠償金はいくらなのかに触れていきました。

賠償金の具体的な額に関しては不明な点が多く、わからない…といった結論になってしまったのは申し訳ありません。

ただ、これから彼女がこれまで通り活動できるとはおもえませんね。

能年玲奈という人間のネガティブな噂も広まってしまったと言う点や、芸能界に広まった彼女の仕事に対するイメージはしばらくの間拭う事はできないでしょう。

復帰を果たしたとしてもいつの間にか消えていた…なんてことも考えられますし、バリバリ活躍出来る未来が訪れるとは到底思えません。

彼女の今後の活動に期待をしていいのか微妙なところですが、『のん』さんとして、どれだけ進むことができるのか目が離せませんね。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ