ポケモンGOは日本で流行る?学校・職場で禁止の地域も!?

今回は、ポケモンGOは日本で流行るのか…といった内容を初めとして学校・職場で禁止の地域もある件についてお伝えしていきたいと思います。

ポケモンGOが海外でリリースされてから、たちまち社会現象となりましたね。

公園や広場に大勢の人間が集まって”ポケモン狩り”が行われている光景はまさに異常という言葉がぴったりです。

ポケモンの魅力を知らない人でも、実際にポケモンGOをプレイしてみれば、いかにこのARシステムが凄い事を実感出来ると思います。

ポケモンではない別のキャラクターならば、ここまで流行らなかったでしょうね。

スポンサーリンク

ポケモンGOは日本で流行るのか?

結論から言えば、間違いなく流行るでしょう。

パズドラやモンストとはプレイする敷居が異なるとは思いますが、ゲーム内ではなく、現実世界でポケモンを探す…という探求心を強く煽られた結果海外で人気が爆発したわけです。(もちろん、元々ポケモンが人気作品であったことも原因ですが)

日本人よりも凄まじい行動力を持っているのは日ごろから感じますし、労働環境を考えても流行るかどうかはちょっとまだ分かりません。

海外程まで異常な事態になるとは考えにくいですが、小学生~大学生は確実に夢中になるはずです。

社会人も時間の合間を縫ってプレイするでしょうし、それが原因で色々な規則も出てきそうですよね。

気になる点は、「いつまでブーム・流行が続くのか…」と言う点ですね。

怪我人が出た場合

海外で怪我人が多く出ていることは以前に記事にしましたが、やはり日本でもそういったケースは出て来るでしょうね。

ポケモンGOの日本の配信日はいつ?海外の反応や怪我人の情報も
今回は、ポケモンGOの日本の配信日はいつなのか…といった内容をはじめとして、海外の反応や怪我人の情報も に関してもお伝えして行きたいと思います。任天堂の株価が上...

 

冒険をしたい気持ちは分かりますが、やはり危険な地域に行ってまでポケモンをゲットするのは避けたいところです。

危険と言っても大人からすれば大したことが無い場所はいくらでもありますよね。

しかし、小さな子供でも現在スマホを持っている時代ですから、大人の真似をして大怪我をすれば、それこそ色々と問題になってしまうでしょう。

筆者もツーリングをかねてポケモンを捕まえに行きたい気持ちが溢れていますが、やはり気になるのはそういった点ですね。

学校や職場で禁止になる可能性も

海外ではポケモンGOが流行りすぎて注意喚起されるくらいですから、当然学校や職場でもポケモンに夢中になって本業がおろそかになる可能性は非常に高いです。

現に海外の方の中には、会社を辞めてポケモン探しの旅に出てしまった…なんてケースも存在しています。

その方曰く、ポケモンを捕まえる旅に出ることが昔からの夢だったとのことですが、流石だなぁと思いました。

日本で会社を辞めてまでこういった夢を実現するなんて方は現われないでしょうね。

これから日本でどのくらい流行るかは未知数ですが、確実にそこらじゅうでポケモンGOをプレイする光景を見ることになるでしょう。

そうなれば、学校や職場で休み時間以外にポケモンGOをすることを禁止する…なんて注意喚起がされるかもしれませんね。

スポンサーリンク

ポケモンGOでお金が稼げる!?

会社を辞めてポケモンを捕まえに行く方が出てきたわけですが、将来的な意味でもかなり心配ですよね。

ポケモンマスターになったとしても、給料も何もないのは生活する事は難しいですし、バトルに勝ったとしてもトレーナーから賞金を貰うことはできません。

ただ、注目したいのはポケモンGOを使ったビジネスがすでに展開されているという点です。

ここでいうビジネスとは、任天堂と提携した物ではありません。

リアル育て屋さんです。

ポケモンGOにはタマゴを羽化させるために「10km」歩く必要があります。

その上、電車を使った移動はシステムに認知されてしまって無効となります。

現状そういった”裏技”を考えていらっしゃる方は居ますが今のところズルは不可能です。

時間が無い方にとって10km歩くことはかなりめんどくさい作業です。

時間があったとしても億劫ですよね。

これを育て屋さんがプレイヤーの代わりに育ててあげる…という事です。

一匹いくらなのか相場は不明ですが、ポケモンマスターを目指す方にとってはこういった育成代行でお金を稼ぐことも可能ということですよね。

つまり、ポケモンでお金を稼ぐことが出来る時代になったわけです。

また、タマゴを簡単・楽に孵化させる方法に関しては、随時更新していますので、お時間がある際にご覧になってください。

最後に

今回は、ポケモンGOは日本で流行るのか…といった内容を初めとして学校・職場で禁止の地域もある件についてお伝えしていきました。

日本でリリースされる日は7月中…ということでまとまったわけですが、ポケモンGOに関する熱量は確実に日本でも高まってきます。

学校や職場でもサボってプレイする方は現れるでしょうし、そういった方が多くなってしまえば当然禁止になる可能性は出て来るでしょう。

「珍しいポケモンをゲットしたいから」

「友達よリも集めたいから」

など様々な理由からポケモンに熱中する方はこれから先多く出てくると思います。

日常生活に支障が出ない程度に楽しみたいところです。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ