乙武洋匡の嫁が謝罪文を書いた理由がヤバすぎる件

今回は、乙武洋匡の嫁である仁美さんが謝罪文を書いた理由について考察してきたいと思います。

朝から非常に大きな話題となっている乙武洋匡さんの不倫(浮気)騒動ですが、不倫をした張本人である乙武さんに加えてその被害者であるはずの仁美さんまでもが「謝罪文」を綴っている事に関して驚きを覚えた方は多かったのではないでしょうか?

これに関してSNS上では「ゲス」「クズ」といった彼を批判する声が非常に多くつぶやかれています。

まぁ傍から見れば非常におかしな光景でしたし、女性からしてみれば「なんで浮気された側が謝らなくてはいけないの?」という気持ちになってしまうのは当然ですよね。

普通に考えれば、なんだか納得がいかない謝罪になってしまったわけですが、乙武さんの奥さんである仁美さんが謝罪文を書いた理由は果たして何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

乙武洋匡の嫁が謝罪文を書いた理由

「不倫をした男の嫁が謝罪文を書く」

普通では考えられないような事態が、本日大きな話題を集めているわけですが、なぜ彼女まで謝罪文を書く必要があったのか気になっている方は非常に多いです。

私は以下の様に考えています。

  • 無理やり書かされた・説得された
  • 本心から自分に責任があると感じた
  • そもそも自分で書いていない

無理やり書かされた・説得された

まず一つ目は乙武さんに「無理やり謝罪文を書くように要求された」のではないかという考えですね。

彼の性格は自分が思ったことをズバズバ言うようなタイプですし、今までも本気でネタにすることが出来ないようなブラックジョークをSNS等にも投稿したり、敵を作るような発言を気にせずしていました。

仁美さんの画像があまり出回っていない件についてもなんだか乙武さんが関係している気がするといのは前回の記事「乙武仁美の写真が無い理由」にて考察していきましたが、やはり彼の性格はうーん…といった感じですよね。

そんな方がもし仮に無理やり嫁に謝罪文を書くように要求するということは、自分のイメージダウンを最小限に抑えるためにやった…というのがセオリーだとは思うのですが、日ごろから周りをそこまで神経質に気にするような人間とは私は思えない為、無理やり書かせたのではなく「自分も謝罪文を書く必要があると説得」されたのではないでしょうか。

こう仮定した場合は、「保身」のため嫁に謝罪文を書かせたのではなく「プライド」を保つために書かせたのではないか…という風に私は考えられるのではと思います。

まぁどちらにせよ、この場合は自分のために嫁に書くよう動かしたことに変わりはありませんね。

本心から責任があると感じた

2つ目は、乙武さんの奥さん仁美さんが「本心から乙武さんが浮気したことの要因には私の日ごろの行動も関係している」と感じたのではないかという考えです。

彼女の謝罪文の中で気になったのは「責任」というワードですね。

乙武さん自身が不倫をしたのに嫁が謝罪をしているという事に目が行ってしまい、1つ1つの言葉に込められた意味という物を見逃しがちになっていましたが、やはりこの「責任」という二文字にはかなり大きな感情が込められているのではないでしょうか。

乙武洋匡の嫁が言う「責任」の意味…

もし彼女が本心から「自分に責任がある」と感じているのであれば

  • 旦那が浮気しないような行動(外見を磨く)を心がけていなかった
  • 子供が生まれてから旦那をこれまでのようにかまっていなかった
  • 結婚した当時の気持ちを忘れていた

といったことが考えられるのではないでしょうか。

女性からすれば本当に意味不明なのかもしれませんが、プライドの高い男性は少しでも以前と違った対応をされた時に感情的になることが多いため、乙武さんもそういった感情から不倫をしてしまったのではないかと思います。

乙武さんが不倫をしてしまった…これについてはやはり自分にも大きな責任があった。

だから謝罪文について「仁美さん本人から」書かせてほしいと乙武さんに願った…という可能性もありますね。

スポンサーリンク

そもそも自分で書いていない

そして3つ目に考えられるのが「仁美さん本人ではなく、乙武さん本人が行った自作自演だったのではないか」という可能性ですね。

そもそも女性が浮気をされて自分から「私にも責任があった謝罪文をかかせてほしい」といったことは考えにくいですし今回の謝罪文が綴られた経緯で濃厚なのは

  • 「謝罪文を無理やり書かせた・書くように説得した」
  • 「乙武洋匡の自作自演だった」

という2点なのではないかと私は考えています。

女性からすれば心に決めた男性に尽くしていたにもかかわらず、子供が出来たからと言って不倫をされてことは非常にショックです。

それを自分自身に責任があったからといって、すぐさま浮気した張本人のブログにいっしょに謝罪文を書く…というのは非常に考えにくいのは言うまでもありません。

最後に

今回は、乙武洋匡の嫁が謝罪文を書いた理由について考察していきました。

女性からすれば今回の騒動は異常に感じたかもしれませんが、男性もそう感じたかたは多くいらっしゃるかと思います。

不倫していた人数に関しても1人だけではなく複数人といことから、仁美さんは大きなショックを受けていたでしょう。

これから離婚騒動に発展しないか不安ですね。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ