生き仏小松玄澄貫主の顔画像と今後の辞任(退職)は?発言は嘘か

今回は、生き仏である小松玄澄貫主の顔画像と今後の辞任(退職)に関しての考察をはじめとして、小松玄澄貫主の発言は嘘なのか…といった点について触れていきましょう。

善光寺といえば、日本を代表する由緒あるお寺ですが、大観進のトップである小松貫主がパワハラをしたということで騒動になっています。

訴えている女性と、会見で話している小松貫主の意見が明らかに食い違って居ますね。

果たしてどちらの主張が正しいのか気になるところですが、まずは小松貫主の顔画像から見ていきましょう。

スポンサーリンク

生き仏・小松玄澄貫主の顔画像

それでは早速小松貫主の顔画像を見ていきましょう。

生き仏というだけあって、相応のオーラをお持ちになっております。

会見を受ける直前にも笑顔で記者に応えており、貫禄がありました。

これまでに普通では考えられない程の困難を越えて来たからこそ、ここまで周りから信頼を置かれていたのでしょう。

では、どうしてこれだけの人間が今回訴えられているのでしょうか。

どちらが嘘をついているのか

多くの方が気になる部分だとは思いますが、わざわざ女性が訴えているという事を考えると、嘘をついているのは小松貫主ではないかと感じますね。

ここまで大きな組織である上に、こういった職場ですから、男性の発言力が強いのは言うまでもありません。

日頃からパワハラ等を受けており、それに限界がきて今回のような騒動になったわけです。

1人の女性だけでなく、複数人の女性が小松貫主からそういった事を受けているとおっしゃっておりますが、逆にこの方達が嘘をついて小松貫主を陥れようとするメリットがほぼ無いでしょう。

それらを踏まえれば、自然と小松貫主が嘘をついている…と感じてしまいますよね。

小松貫主の主張は「こういった女性と直接話したことは無い→やっていない」とのこと。

流石に被害に遭っている女性が直接テレビのインタビューに応えているわけですから、会った事が無いというのは嘘臭いですよね。

小松貫主が行った所業

では女性に対して小松貫主が行った内容とは一体何なのでしょうか。

女性が告白した内容はかなり生々しいものであり、生き仏である人間が行うとは到底思えない物でした。

異動

1人の女性が受けた行為は、突然の異動。

異動に関しては働いている以上仕方ありませんが、今回の場合は今まで勤めていた場所とは無縁の内容だったとのこと。

今までは賄いを作っていた女性がいきなり、筆を使って物書きをする仕事を任されるようになったわけですが、当然これまでやってきたことと差がありすぎて、不憫な思いをしたとおっしゃっていました。

問題は、異動になったタイミングです。

これまでこの女性は、小松貫主から食事の誘いを頻繁に受けており、そのたびに丁重にお断りをしていました。

そして、何度目かの食事の誘いを断った直後に異動になったと言います。

単純に考えて、断られるのが普通だとは思いますが、思い通りにならなかった事に腹を立てて女性を異動させたのは完全にパワハラですよね。

ただ、これに関しては、小松貫主が適当な理由を付けてしまえばパワハラであるという事実を捻じ曲げることが出来そうな話ですから、確実な証拠にはならないかもしれません。

セクシャルハラスメント

女性職員に後ろから抱き着いたり、「独りで寂しくないの?」…といった言葉を投げかけたりされたという訴えも出ています。

完全に女性を傷つける行為ですから、訴えられてもおかしくありません。

トップであることをいいように、自分勝手な行いをしている小松貫主。というレッテルを完全に貼られてしまったわけです。

根も葉もない嘘

小松貫主は職員である女性に対して、ある噂を流していたとのこと。

しわが多いのは、や○ざの女で、昔入れ墨を入れていたからだ…といった内容です。

これに関しては、その女性が小松貫主から直接受けた言葉では無かったと内容なので、何とも言えませんが生き仏が言うようなセリフではありませんよね。

スポンサーリンク

今後は辞職するのか

今回の件で周りの人間からは辞職する事を押されているようですが、ご本人は会見で「辞職はしない」とキッパリ言い放ちましたね。

周りにどれだけ訴えられても事実関係が証明されない以上、今の地位からは降りるつもりは無いらしいです。

これまで様々な事を行ってきた噂が流れ始めていますが、その真相は謎に包まれています。

実際に権力がある以上、色々と口封じが出来る環境にあるわけですから、素直に辞職する事はしないでしょう。

ただ、メディアに注目されてしまっている以上、”辞職するしかない状況”になれば、彼から今のポストを降りるでしょう。

最後に

今回は、生き仏である小松玄澄貫主の顔画像と今後の辞任(退職)に関しての考察をはじめとして、小松玄澄貫主の発言は嘘なのか…といった点を考察していきました。

これが事実だったら許されないことを今まで行ってきたことになるわけですが、素直に認める気はないようですね。

今後の展開にも注目していきましょう。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ