小池百合子の公約や出馬理由!学歴や都知事当選の可能性は?

今回は、小池百合子さんの公約や出馬理由をはじめとして、学歴・都知事当選の可能性について考察していきたいと思います。

各メディアでは小池さんの事が頻繁に取り上げられるようになりましたが、その中でも先日の会見で彼女が謎めいた公約を掲げ話題になっています。

石原さんからは「自由な人」といった皮肉を受けていましたね。

崖から飛び降りる覚悟といった表現もインパクトも凄かったですが、周りの人間からは大バッシングを受けていますね。

では、彼女が今回掲げた公約について見ていきましょう。

スポンサーリンク

小池百合子の公約がおかしい件

では早速小池さんの公約について触れていきましょう。

彼女が掲げた内容は3つ

都議会の冒頭解散
利権追及
舛添に関する第三者委員会設置

最近では舛添というとんでもない男が都知事をやっていた事をはじめ、リオオリンピックに関する視察の件などがあり、都民の方々の不信感や鬱憤はピークに達しています。

推薦を貰える可能性は限りなく低く、無所属での出馬になる事は言うまでもありません。

そうなった今、小池さんは議会を敵にすることで、有権者からの支持を得ようとこれらの公約を掲げたのでしょうね。

ただ、公約内容に関しておかしな点が目立っています。

この中でも特にアレなのが「都議会の冒頭解散」についてですね。

都議会の冒頭解散

都議会は都民のために全力を尽くさなければいけない存在であるにも関わらず、現在の都議会はどう見ても都民の意志と乖離している。

そのため、議会を解散することによってよりクリーンで都民のための政治を行う事が出来る…といったことを都民にアピールしているわけですよね。

ですが、残念ながら都知事には議会を解散する権限はありません。

つまり、小池さんが都知事に当選したとしても議会を解散する事は出来ないのです。

結局のところ、公約は目的ではなく当選するための手段となってしまっているわけですね。

ただ、これについて詳しく記者会見で触れることはありませんでしたが、後々に様々な政治家からツッコミを受けることは間違いないです。

ちなみに議会では、都知事になっても議会を解散出来ないことは理解していることをおっしゃっていましたが、小池さんがダメだと判断されれば議会が不信任を出すであろう…とのコメントも残しました。

自分たちがどちらにせよ解散させられることを知りながら不信任を出すとは思えません。

元々、冒頭解散は知事と議会がぶつかり合って、言うことを聞かないどうしようもない状態(都政の停滞)になった場合の選択肢の一つなわけです。

世論などの関係から議会が不信任というカード切るしかない状況に追い込まない限りは不信任案は出ないでしょう。

現実的に不可能な内容を公約に掲げている時点で都民からの支持を受けることは難しいでしょうね。

この時点で当選する可能性がグッと下がってしまうのではないかと感じました。

出馬しようと思った理由

小池さんは元々キャスターをやられていたことは知られていますが、政治に首を突っ込むようになった時点でも周りの人間からはかなり批判を受けていました。

そして今回の都知事選出馬表明。

何が何でも都知事になりたい気持ちは伝わってきますよね。

小池さんが出馬しようと考えたのは、やはり「都民の不満・都議会への不信感」が大きく募っているこのタイミングが大きく関係していたのだと思います。

議会を敵にすることで、彼女を支持する都民が増えるであろうことを予想し、”行ける”と踏み込んだのではないでしょうか。

 

出馬した表面上の理由としては、「都政のため・都民のため」でしょう。

前回の記事でもお伝えしたように東京都知事の給料や待遇は他に比べれば相当高い水準となっています。

現在もそれなりにお金を持っていることは想像が付きますが、都知事になれば今以上の待遇・地位が手に入ります。

→「舛添の給料・年収・時給がヤバい件」

彼女の本心は彼女しか分かりませんが、どちらにせよもし当選したのであれば今回こそはクリーンな政治を行ってほしいですね。

スポンサーリンク

当選する可能性は高い?

東京都に関する疑問が集中している中、初の女性議員誕生となれば、自然と期待できる部分はあります。

議員のほとんどが男性である上、不正に金を使っている人間も毎回出て来きているわけですから、女性である小池さんがトップに立てば「クリーン」なイメージは少なからずアップするでしょう。

女性が活躍できる社会を作っておきながら、保育園の問題などが深刻化している現状で、彼女が国の中心である東京のリーダーになれば、その架け橋になってくれるであろうと感る方は確実にいらっしゃいます。

有力候補は何名かいらっしゃいますが、櫻井さんや蓮舫さんが出馬されない以上、当時に予想されていたメンバーと比べれば当選しやすいのではとも感じました。

それらを踏まえれば小池さんが都知事に当選する可能性も割と高いのではないかと私は考えます。

ただ当選後がちょっと心配ですね。リーダーシップを発揮してくれることには期待できますが、東京オリンピックが開催されるに近づくたび何かが起きそうな予感がします。

最後に

今回は、小池百合子さんの公約や出馬理由をはじめとして、学歴・都知事当選の可能性について考察していきました。

当選するかどうかは今後の”情報操作”によっても関わってきそうですね。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ