ケンブリッジ飛鳥はハーフで筋肉がイケメン!出身中学高校や大学は

今回は、ケンブリッジ飛鳥はハーフで筋肉がイケメン…といったテーマで彼の出身中学高校や大学についての情報に触れていきたいと思います。

日本人初の9秒台に近い存在として以前から注目されていた選手ですが、彼がリオオリンピックの日本代表として選出されてますます人気が高まっています。

彼の人気はその走りですが、その他にもスタイルが素晴らしいという事や、イケメンであるという事も影響しています。

まずは彼の画像を中心に魅力について迫っていってみましょう。

スポンサーリンク

ケンブリッジ飛鳥は何人とのハーフなのか

まずはケンブリッジ選手の容姿についてですが、多くの方がご存知の通りハーフです。

母親が日本人で、父親がジャマイカ人の方ですね。

彼が早い理由には、父親の優れた身体能力が備わっている可能性も考えられますが、それに加えてやはりこれまで努力し続けてきた力が大きく影響しているのでしょう。

ハーフだと身体能力が高い?

ではもう少し詳しく彼がハーフであることは走りに影響を与えているのかどうか触れていきたいと思います。

これに関しては様々な意見がありますね。

母親が日本人という事で、基本的には日本人としての能力が強く遺伝するのではないかと感じていましたが、身長(180cm)や筋肉のしなやかさを考えると少なからず、父親のジャマイカ人としての遺伝子は受け継いでいると思います。

ですが、そういった才能があったとしても、結局のところ大きく影響するのは育った環境ですね。

彼が小学生の頃からサッカーをやっていなければ、スポーツ選手としての才能が開花されなかったと思いますし、努力し続ける才能があったからこそ、現在のプロとしての彼が居るわけです。

ハーフだからここまで速く走れるというよりも、これまでの努力が実った結果であると感じます。

もちろん、彼の身体能力に父親の遺伝子が影響しているのは言うまでもありませんが。

スポンサーリンク

ケンブリッジ飛鳥の筋肉がイケメンすぎる

桐生選手を破ったことで、彼のポテンシャルが注目されているわけですが、高校時代からずっと彼の力は2ch等でも話題になっていましたよね。

何よりその無駄のないボディと軸のブレなさが素晴らしいです。

毎回安定した走りを見せてくれる点も、応援をしている側としても非常に魅力がある選手と言えるでしょう。

では、彼の肉体美を見ていきましょう。

本当に全体の筋肉が美しいですね。

スプリンターとして無駄のない筋肉です。

素晴らしい肉体美ですし、なにより走っている時の表情、終わった後のやりきった表情がなんともイケメンです。

学生時代は確実に女性からモテモテだったでしょうね。

出身中学校と高校は?

次はケンブリッジ選手の出身中学と高校について見ていきましょう。

本名 ケンブリッジ飛鳥アントニオ
生年月日 1993年5月31日(23歳)
出身地 ジャマイカ→大阪
出身中学・高校 中学校不明→東京高校→日大文理

ケンブリッジ選手の出身はジャマイカです。

父親がジャマイカ人という事もあり、2歳までジャマイカで暮らしていましたが、その後大阪へ移住して日本で生活を送るようになったようですね。

ご存知の通り、彼は元々サッカーをやられていました。といっても小学校までですが、そこから周りの人間がケンブリッジ選手に陸上選手としてのセンスを感じ、陸上への道を勧めたわけです。

恩師の目に狂いはなく、中学校では関東大会および全中にも出場しています。

そして快進撃はここから始まり、高校二年生にして100mで10秒台を叩きだしました。

節目である引退間際の高校三年生での大会では全国優勝を果たしました。

それ以降も彼の躍進は止まらず、高校記録を塗り替えるなど様々な偉業を成し遂げていたわけですが、彼が高校で目立つようになった時点で、各大学はオファーを考えていたんでしょうね。

そこから日大の文理学部に進学して、大学1年ながらインカレで決勝、ジュニア選手権に出場するなど、プロでも十二分に活躍できる素質を磨いていきました。

そして昨年4月に桐生選手を抜き優勝。

ここから本格的にケンブリッジ選手が多くの人から注目を集めるようになったというわけです。

大学時代からすでにヤバイ存在だとは思っていましたが、やはり日本代表入りしましたねー。

最後に

今回は、ケンブリッジ飛鳥はハーフで筋肉がイケメン…といったテーマで彼の出身中学高校や大学についてお伝えしていきました。

ここまでイケメンのスプリンターが世界で活躍すると、また人気が一気に高まりそうですね。

既にケンブリッジ選手の人気は他の代表選手を抑えてかなり上昇していますが、一般人の方だけでなく、選手たちの中でも人気が高そうな気がしますね。

ぜひリオオリンピックでも桐生選手たちと共に全力を尽くしてほしいと思います。

その中で、夢の9秒台が出せると嬉しいですよね。応援しています。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ