松橋伸幸の顔画像(写真)や動機がヤバい!職業や家族は?

今回は、松橋伸幸の顔画像や動機がヤバい!といったテーマで職業や家族についても考察していきたいと思います。

本日北海道で起きた件ですが、やっと30代の男の身元が判明しました。

名前は「松橋伸幸」です。年齢は33歳です。

スポンサーリンク

松橋伸幸の顔画像がヤバい

本日北海道のイオンモールにて無差別にお客さんにアタックした松橋ですが、お客さんのお2人共大変なダメージを受けました。

近所に住む方や、日ごろから利用している方にとっては非常にショッキングなニュースとなってしまいました。

容姿は太っていて、そこにサングラスをかけて行動をしていたわけですが、異様な光景ですよね。

見るからに怪しい格好ですが、恐らく周りのお客さんも多少なりとも警戒をしていたと思います。

しかし、惨劇が起きてしまいました。

お2人共病院に運ばれましたが、1人はこの世を去ってしまい、もう一人は首元に深くダメージを負ってしまいかなり危ない状況とのことです。

4人をターゲットにしていたようですが、その他の方は命にかかわるような傷は負っていないないようですね。

 

警備員が駆け付けて松橋を取り押えましたが、暴れる様子もなく素直に拘束されたようです。

報道を見た瞬間に精神に問題があったことは分かりましたが、やはり相当追い込まれていたようですね。

松橋伸幸の動機は?

松橋が今回のような奇行を起こした理由は”人生を終わらせたかった”からとコメントしていますね。

  • 第三者を傷つけることで裁かれる→この世からいなくなって楽になる

といった事を考えて今回のような行動に走ったというわけです。

本当に自分勝手な行動だね。

他人を傷つけて自分だけ楽になるという考え自体おかしいことを分かっていない。

自分で自分を傷つければ良いのに、怖くてそれが出来ないから他人にどうにかしてもらおうと考えていたわけだよね。

卑劣で卑怯な人間という印象しか受けなかった。

どう考えても許される事ではありませんが、なぜそこまで追い詰められていたのかというと、統合失調症が大きく関係していたようです。

松橋は楽になりたい理由について、「前々から統合失調症で追い詰められていた」と話していました。

松橋伸幸の人物像

松橋を良く知る近所に住む方は、彼は「真面目な人間」だとコメントしていました。

松橋のお父さんは以前飲食店を経営していた(現在は不明)ようですが、そちらのお手伝いをするなど、好青年ぶりを見せていたとのことです。

統合失調症に関しては、周りの人達にも話していたようですが、追い込まれている様子を見せる事はなく、周りの人間も普通に接する事が出来ていたと考えられます。

新聞配達のアルバイトをしていたようですが、そちらに関してもかなり真面目にこなしていたようですね。

しかし、精神的に不安定になったのか、アルバイトをずっと継続していたわけでもなく、あるタイミングで辞めたり、また働きだしたりと行動が若干おかしくなっていたとのことです。

そしてイオンであの件が発生した21日の夕刊の仕事は”無断欠勤”でした。

朝刊に関してはいつもと同じように仕事をしていたようです。

統合失調症の辛さ

次に統合失調症の辛さについてご紹介していきたいと思います。

松橋は日ごろから統合失調症に悩まされており、これが原因で今回のような行動を起こしたわけです。

症状を知らなくとも、名前くらいは聞いたことがあると思います。

統合失調症の内容についてはこちらの記事でもお伝えしましたが、「幻覚・妄想」が大きく影響してきます。

社会で働くことも難しく、1人ではどう頑張っても治すことが難しい病気なのです。

そのため、正常な精神状態ではなかったというのも今後の判決に関わってくる可能性がありますね。

ただ、やっていいこと悪いことの区別はついているようなので、それなりの重さで裁かれることは確かでしょう。

スポンサーリンク

計画的だった?

日頃から幻覚や妄想に悩まされていた松橋ですが、今回の行動を起こすに至ってかなり計画的だったのではないかと感じました。

何故かと言うと、松橋がイオンに向かった時間帯は

  • 午後に買い物客が多くなる時間帯
  • 感謝デーでいつもより客が多かった
  • ご老人を狙った

という3点があげられるからです。

買い物客が多くなる時間帯

松橋がイオンで行動をした時間帯は大体14:00~15:00あたりですね。

買い物客が多くなりターゲットを決める、あるいは多くの人間を狙うのには絶好の時間帯であることが考えられます。

  • 人を傷つけることで楽になる=多くの人を狙った方が確率が上がる。

こういった風にあらかじめ予定していたのかもしれません。

感謝デー

本日はイオンの感謝デーだったため、いつもよりもお客さんが多かったわけです。

松橋は人の多い時間帯と日にちを決めて現場に向かったと私は感じました。

精神的にはだいぶヤバい状況だったと思いますが、確実に楽になるためにはより多くの人間を傷つける必要があるわけですから、前々から計画をしていたとしても不自然ではありませんね。

ご老人を狙った

最初は無差別に行動をしていたのかと思っていましたが、ダメージを受けたのはご高齢のご婦人でした。

これもこの男の計画の1つだったと思います。

確実に仕留められる体型と体力。

それらの要素を踏まえてターゲッティングをした結果、ご老人が目に止ったのでしょう。

3つの要素を合わせると確実にこの日を狙って松橋は行動したと考えられるのではないでしょうか。

本人は”誰でも良かった”と話しているようですが、こういった発言をする人間は自分より体格の良い人間をターゲットに選ぶことはほとんどありません。

  • 誰でも良かった×
  • 自分より弱い人間を狙った

どう考えても松橋は最初から自分でも大丈夫と思った人間に的を絞って行動していたのだと思います。

職業や家族について

次は松橋の職業と家族について触れていきましょう。

松橋の統合失調症の状態、精神面を見るとどうしても社会復帰しているとは考えられません。

平日の昼過ぎに行動していたことも要因の一つです。

そのため、明らかにはされていませんが松橋は無職であると私は思います。

そして、家族についてですがまだコメントや画像すら公開されていませんね。

今回の行動について家族がどのような発言をするのか気になるところですが、彼のご両親もこの男に対して真剣に悩んでいたのだと思います。

辛い病気であることは間違いありませんが、やってしまったことは許される事ではありません。

両親もこれから大変な思いをしてしまう可能性は高いですが、向き合っていかなくてはなりませんね。

※追記

松橋は過去にニコ生をやっていたことが噂で広がっていますね。

「引きこもり」「ニート」という単語がぶつけられておりますが、生活している彼の姿を見てもやはり職業は無職だと感じました。

しかし、実際には新聞配達員として働いていたようですね。

→松橋伸幸はにこ生主の”ぺるしゃう”だった!?

 

※追記2

ぺるしゃうのTwitterアカウントが発見されました。

もし松橋=ぺるしゃうだった場合は、日ごろのこの男がどのような事を考えていたのか触れることが可能かもしれません。

→「ぺるしゃうのツイッターアカウントと被害者の容体について」

最後に

今回は、松橋伸幸の顔画像や動機がヤバい!といったテーマで職業や家族についても考察していきました。

松橋が悩んでいた統合失調症は私達も発症する可能性がある病気です。

様々な要因が引き金となって起こるため、何が原因だったのかというのもはっきりしていません。

今回のような件を知った上で、統合失調症に対する理解を深めていこうと感じました。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


7 Responses to “松橋伸幸の顔画像(写真)や動機がヤバい!職業や家族は?”

  1. 匿名 より:

    こんな事書いててよっぽど暇なんだな。

  2. 名無し より:

    >>※1
    早朝4:00からこんなコメントしてる時点でお前もよっぽど暇なんだな
    ブーメラン過ぎて草生えるわ

  3. 匿名 より:

    こんなトコに書きこむ奴はみんな暇なんだよ

    俺も会社の昼休みで暇だもの

  4. 匿名 より:

    じゃあおれも暇だから書くか。
    コイツ娑婆に戻ったらどうしてくれようかな。

  5. 匿名 より:

    新聞販売店の小川哲也!また、いじくり回したんじゃねぇの!そいつが自供したらわかるんだぞ!

  6. 匿名 より:

    嫌いな人にさんざん嫌がらせしてきた人だから、小川哲也に密室で、嫌がらせされて精神的におかしくなったんじゃないの!8丁目店の社員と配達員の人達は、みんなそう思っているよ!なんてたって、彼は、密室でパワハラしてストレス解消していたんだからね。世間に今までの経緯を必ず、暴露してやる!

  7. 匿名 より:

    こいつの元上司の小川哲也の悪事もついでにバラしてやるか!(笑)
    元配達員と金銭トラブル起こした事と嫌いな配達員をやめさせる為に
    未配伝票を偽造したり、既婚者の配達員に手を出して、危なく首飛ばされそうになったり、こいつもとんでもない上司に当たったな!裁判で明らかにしてやれ!小川哲也の悪事も公にうっぷん晴らしてやれ!(笑)

いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ