AKB選抜総選挙2016はやらせ?スピーチや順位予想と途中結果

今回は、AKB選抜総選挙2016はやらせ(出来レース)なのかという内容を初めとして、総選挙の各メンバーのスピーチや順位予想、そして途中結果についてお伝えしていきたいと思います。

 

今夜いよいよ放送される第八回AKB選抜総選挙ですが、放送前にもう会場内の熱気が半端じゃありませんね。

待ちに待ったこの日のためにスケジュールを合わせていた方も少なくないでしょう。

小嶋陽菜さんに至っては既に卒業する事が決定しており、そちらに関してもかない理気になるところです。

まずは、今回の総選挙の順位について予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

さて、それでは総選挙の順位予想について考察していきます。

まず公式のガイドブックで予想されている順位から見ていくと…

順位 名前
1位 渡辺麻友
2位 山本彩
3位 指原莉乃
4位 柏木由紀
5位 松井珠理奈
6位 宮脇咲良
7位 横山由依
8位 島崎遥香
9位 向井地美音
10位 須田亜香里
11位 兒玉遥
12位 木崎ゆりあ
13位 加藤玲奈
14位 入山杏奈
15位 岡田奈々
16位 宮崎美穂

このような順位となっております。

やはり、毎回「渡辺麻友」、「指原莉乃」、「柏木由紀」は安定してトップにランクインしていますから、このような良そうになるのは至極自然なことなのでしょう。

ここで個人的に王座を狙ってほしいと思っているのが山本さんですね。

元々好きだったという事もありますし、今以上に活躍したいと思っているからです。

 

では、続いて公式が予想しているトップ3の過去のデータも含めて見ていきましょう。

名前第5回選抜投票数第6回選抜投票数第7回選抜投票数
渡辺麻友101210159854165789
山本彩517936791697866
指原莉乃150570141954194049

渡辺麻友

渡辺さんに関してですが、昨年は3位と言う結果に終わりました。

3年間の順位推移を見ると3位→1位→3位。

この流れでまた頑張ってもらいたいですね。

とっても3位という充分な成績を残しているのはすばらしいですよね。

ただ、今回で王座奪還を狙いたいところです。

やはり彼女がまた1位を獲るためには、指原さんの存在が大きな壁になってくるでしょう。

指原莉乃

ランキング推移を見ると、1位→2位→1位とすでに2回トップに輝いています。

今回トップに輝いた場合は史上初の3冠達成となるわけですが、可能性は低くなく、十分に狙って行ける存在と言って良いでしょう。

浮動票の行方によっては、指原さんが外れる可能性もありますが、彼女がトップに立つことを願っている方は非常に多くいらっしゃると思います。

もちろん、反指原という存在も否めませんが、このままいけばやはり渡辺さんとの壮絶な争いになるのではないかと思います。

山本彩

公式では山本さんが2位に食い込んでくる可能性が高いと読んでいます。

近年では彼女の存在は多く広まっていますし、男女問わず山本さんの人気は高まっています。

筆者も山本さんがトップになって欲しいと考えていますが、指原さんと柏木さんを散らすのはかなり難しいのではないかと感じます。

しかし、ファンがこの総選挙に対する賭ける思いは想像しているよりも薄く、良くてベスト3。

トップに輝く可能性は少々低い気がしますね。

途中結果・スピーチについて

随時更新していきます。

 

選抜総選挙はやらせなのか?

それでは次に総選挙自体が「やらせ」なのではないか…といった件について触れていきましょう。

テレビ番組等でのやらせについては、いわずもがな頻繁に行われているわけですが、こういったイベントでもやらせが存在しているのではないかと度々感じてしまう方はいらっしゃると思います。

結論から言えば、やらせ、出来レースは存在していてもおかしくないです。

 

ファンが全力で応援した結果、AKBのメンバーの力になるわけですが、結局のところ、それだけでもファンからお金を徴収することが出来てしまうわけですよね。

去年話題になっていた件を振り返ってみましょう。

2014年の総投票数→2689427票

2015年の総投票数→3287736

1年間で約600000票アップしました。

AKBファンが増えたのか、それとも個人の投資する底力が上がったのかは不明ですが、結果を見ればAKBは素晴らしい推移を辿っていることが伺えます。

 

しかし、これだけ票がアップしたのにも関わらず、売り上げやAKBの会員数に極端な変化はありませんでした。

どこから数十万票がやってきたのか非常に怪しく、これはもうやらせを疑われてもおかしくない状況です。

もちろんこういった事をやってしまえば、ファンからの信頼を失ってしまう事はもちろんですし、社会的にも消される可能性は高いでしょう。

ですが、AKBという存在の大きさから障害を揉み消すことは容易にできると思います。

やはり、やらせ・出来レースが存在していても何らおかしくないといって良いでしょう。

最後に

今回は、AKB選抜総選挙2016はやらせ(出来レース)なのかという内容について、お伝えしていきました。

ヤラセに関してはやはり、前々から怪しいとは思っていましたが、昨年の謎の投票数アップもありかなり疑わしい要素と感じた方は増えたでしょうね。

ファンからすれば、そんなことは無いと信じたいですし、純粋な気持ちで彼女たちを応援していきたいです。

実際にやらせが絶対に行われているという確実な根拠は少ないため、信じるかどうかは個人の自由だと思います。

筆者的はもちろん無いとは信じたいですが、昨年のアレがあってからどうも心の片隅に「やらせ」の文字が浮かんでいます。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ