小林麻央のがん(入院)がバレた理由!生存率や今後の退院について

今回は、小林麻央さんのがんが発覚した理由を初めとして、彼女の生存率や今後の退院はいつ頃なのか…といった内容について考察していきたいと思います。

 

小林さんの容体が心配されていますが、海老蔵さんは午後に記者会見を開いて今回の件についてお話をしてくれるとのことです。

30代でがんにかかってしまったことに驚きを隠せませんが、年齢も若いので癌の進行も早いのではないかと危惧されています。

彼女の姿がここ最近あまり見れていないと思っていましたが、まさか裏では病気と懸命に戦っていたというわけですね。

 

入院していたことがなぜ発覚したのかまずは触れていきましょう。

スポンサーリンク

小林麻央のがんや入院が発覚した理由!

小林さんががんと戦い始めた時期としては明かされていませんが、こちらの記事「小林麻央の進行性がんはいつから?入院先など」で考察していったように半年前あたりからがんを患っていたのではないかと思います。

どのくらい進行していた状況で発見したのかも海老蔵さんの会見で明かされると思いますが、しっかりとした家庭ですし健康に関する事は入念に管理されていたでしょう。

そのため早期に発見されたのだと考えます。

 

そして、もう一点気になるのが、「どうして入院が発覚」したのかという点です。

今回の入院はご存知の通り「極秘入院」とされていました。

事務所などの関係者のみに入院する事を伝えていただけで、メディア等には一切明かさずに入院をしていたようです。

ではなぜ極秘なのにバレたのか。

 

これは完全に報道陣が嗅ぎまわっていたのだと思います。

普通に考えて、今年の海老蔵さんのブログには麻央さんの写真がぱったりと無くなってしましました。

この時点で報道陣は海老蔵さんと麻央さんの仲に「何かあったのではないかと」考えるわけですね。

繋がりのある人物に、最近の海老蔵さんと麻央さんとの仲に関して探り、結果的に彼女が体調を崩しているという事を探り当てたのだと思います。

生存率について

生存率に関しては、現在の小林さんの状況が明らかにならないと何とも言えません。

ただ、極秘に入院していたという事を考えると、どちらとも捉えることができますね。

早期に発見できれば癌を克服する事はできます。

しかし、ステージが上がっていた場合はちょっと分かりませんね。

癌と言っても場所によって生存率は変わってきます。

癌を治療していた患者の5年生存率のデータを見ると

  • ステージⅠ→83.9%
  • ステージⅡ→73.5%
  • ステージⅢ→43.8%
  • ステージⅣ→15.9%

スクリーンショット (196)

といった傾向にあります。

(ステージ0は除外)

言うまでもありませんが、進行してしまっていると生存率は低くなります。

がん検診にしっかりと行って、がんを早期に発見する事が一番…と言われる事が分かりますね。

スポンサーリンク

ステージについて

では次に各ステージについて詳しくご説明致します。

  • ステージ0→癌細胞が粘膜にとどまっている状態。
  • ステージⅠ→癌細胞が腫瘍となり筋肉層でとどまっている状態。
  • ステージⅡ→癌の腫瘍が筋肉層を越えている状態。リンパ節に若干転移。
  • ステージⅢ→癌の腫瘍がかなり拡がっており、リンパ節にも転移している
  • ステージⅣ→腫瘍が拡がりリンパ節に転移し、始めに出来た部分を越えて他の臓器等に転移

 

このように各ステージがあるわけですが、小林さんの場合は、ステージⅠ~Ⅱあたりなのではないかと思います。

…というよりもそうであって欲しいと願っています。

ステージⅢになってしまった時点で生存率はガクっと下がってしまいますし、そこまで放置していたとも考えにくいです。

 

また、かん口令が出されていた…とのことですが、なぜ表にこの情報が洩れては行けなかったのでしょうか。

  • 小林さんの状態が危ないから
  • ただ単に世間を騒がせたくなかったから

といったことが考えられますが、個人的には後者だったからではないかと考えます。

確かに小林さんの状態が危ないからメディアの露出を避けていたとも捉えられますが、なにより自分の立場上身内のことで世間を騒がせたくない、なにより麻央さんの心身に影響を与えたくないと考えたのではないでしょうか。

 

なんども言いますが、現状彼女の正確な容体が分かっていない以上、生存率に関しては推測する事しかできません。

現在懸命に治療を行っているとのことですが、進行していないことを祈るばかりです。

今後の退院する時期について

次に今後の活動に関してお伝えしていきたいと思います。

まずは、がん治療から退院までの流れについて見ていきましょう。

  1. 手術する前に、手術を受けられる状況なのかをチェックするために、心電図をみたり血液検査をしたりします。入院してから手術前日までは入念にチェックが入ります。
  2. 胃や腸を手術する場合は、点滴のみで食事を中止し、胃や腸の状態をフラットにしていきます。
  3. 手術後は体を休めます。翌日になったら水分補給や歩けるかどうかをチェック。
  4. そしてリハビリをして手術してから1週間程で、身体の状態が万全であれば退院となります。

 

現在小林さんがどこまで行っているのか不明なため、退院までどの程度時間が掛かるかは分かりませんが、まだ治療を行っているとのことで、退院の日はまだ遠いと考えられます。

最後に

今回は、小林麻央さんのがんが発覚した理由を初めとして、彼女の生存率や今後の退院はいつ頃なのか…といった内容で考察していきました。

 

海老蔵さんをはじめお子さんも彼女の事を心から心配していると思います。

彼女の容体がどうなっているのか非常に気になるところですね。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ