小林麻央の進行性がんはいつから?入院先や現在の容体・ステージ

今回は、小林麻央さんの進行性がんはいつからだったのか…といった内容をはじめ、入院先の病院名や現在の容体・ステージを考察していきたいと思います。

生存率に関しても気になるところです。

 

小林麻央さんですが、前回の海老蔵さんが巻き込まれたトラブルがあってもなお彼を懸命に支えてきていましたね。

小林麻耶さんとは対照的なキャラクターでおしとやかなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

 

彼女の体調が最近優れないといった話が出ていましたが、それについては第三子を妊娠していることが原因ではないかとも言われていました。

しかし、実際には小林さんは病気を隠していたようです。

がんであることが報道されてから彼女を心配する声が多く上がっていますが、現在の彼女の状態が非常に不安です。

スポンサーリンク

小林麻央はいつから進行性がんになっていた?

それではまず、小林さんの進行性がんについてですが、いつからなっていたのか。

そもそも進行性がんとはなんなのか…といった点が気になると思います。

まずはそちらから触れていきましょう。

 

小林さんは恐らく半年以上前から患っていた可能性があります。

小林さんですが、今年に入ってからメディアはもちろん、写真等でも姿を見せていないことが知られていますね。

いままでであれば、海老蔵さんのブログにお子さんと共に写る姿を見せていましたが、もう半年以上彼のブログに小林さんの笑顔が写っていません。

これを踏まえると、彼女ががんを患っていたのは、やはり半年以上前から彼女の体調に変化は現れていた可能性が高いです。

※追記

麻央さんの癌が発覚したのは一年と八カ月前からだったと判明しましたね。

相当前から闘病をされていたようですが、かなり進行が早かったようで、麻央さんも頑張っている状況とのことです。

 

いままでは海老蔵さんを支える姿を度々見せていらっしゃいましたが、ここ一年近く彼女をメディアで目撃する機会はありませんでした。

梨園の妻として一般家庭とは異なる世界で生活をしていかなければならない以上、精神的にも身体的にも疲労が溜まってしまうことは彼女が結婚した当初から話題になっていましたが、まさかこういった形で体調を崩してしまうとは思いもよりませんでした。

 

第三子が誕生するといったことも噂されていたため、嬉しいお話を聞けるのもそろそろかと思っていましたが、本当に驚きです。

スポンサーリンク

小林麻央の容態や、進行性がんとは?

では次に、小林さんが患っていると言われている「進行性がん」について見ていきましょう。

小林さんの癌の場所はどこにあるのか、現在のステージについての詳細も公になっていませんが、半年前以上から患っていたということを考えると、彼女の容体がかなり心配になってきますよね。

 

どこにがんが出来たのかは公になっていませんが、胃や大腸など様々な場所が考えられます。

または子宮体がんなども考えられますね。

小林さんは30代ということで、まだがんになるのは早いですね。

しかし、最近では若い方でもがんにかかる方も増えているとも言われています。

※追記

麻央さんは乳がんであったことが分かりましたね。

様態に関してはかなり「深刻」であると海老蔵さんが口にしており、子どもたちもかなり彼女の体を心配しているとのことです。

ただ、お子さんには性格に麻央さんがどんな病気になっているかどうかは伝えておらず、ショックを受けないように「虫に刺された」といった表現で話をそらせていたようです。

 

進行性のがんとのことですが、そもそもがんは放置してしまうとどんどん進行してしまうのがほとんどです。

これが進行しすぎると末期がんになって生存率が非常に低くなってしまうのです。

そのため、がん検診にはしっかりとかかって、早期のうちに発見して、治療をしてしまいましょう…といった事を言われているのです。

 

小林さんは忙しい状況だったと言っても家庭的にもしっかりと健康診断はしていると思いますし、体調が悪くなって気付いたのではなく、早期の時点で発見して体を休めていたのではないでしょうか。

現在の彼女の容体については、午後に海老蔵さんご本人からお話があるとのことで、その時を待ちましょう。

入院先について

次は小林さんの入院先についてですが、今回の入院自体が「極秘入院」とされていました。

どうして今回の小林さんの入院が発覚したのかはまた別のお話でお伝えしていきたいと思いますが、現状ではどこに彼女が居るのかは明かされていません。

ただ、住んでいる場所を考えれば海老蔵さん・麻耶さんが看病に行ける距離だと思います。

そうなってくると、がん治療に強い都内の病院である事が考えられますね。

手術数が多い病院名医がいる場所としては

  • 東京医科大学
  • 東大付属
  • NTT東日本関東病院
  • 癌研有明病院

これらの病院は、日本でもそうとうな数の手術数をこなしており、名医が揃っています。

東京で治療を受けていると考えるのであれば、こちらにいらっしゃる可能性はありますね。

最後に

今回は、小林麻央さんの進行性がんはいつからだったのか…といった内容をはじめ、入院先の病院名や現在の容体・ステージを考察していきました。

 

詳細に関しましては、極秘入院ということから海老蔵さんご本人の口からしか知る事が出来ませんが、午後の記者会見にてしっかりと教えて頂きたいですね。

どちらにせよ、小林さんの今後についてが非常に気になるところです。

無事に回復してほしいですし、また元気な姿で麻耶さんと共にテレビで語ってくれることを祈っています。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

→小林麻央のがん(入院)が発覚した理由!生存率や今後の退院について

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ