清原和博は釈放された後に野球関係の仕事に就職するのだろうか?

今回は、清原和博被告が釈放された後、野球関係の仕事に就職するのか、それともニートになるのかというテーマでお伝えしていきたいと思います。

清原の釈放は確実であり、これから改めて表社会に戻ろうと考えていることは間違いないでしょう。

これからの清原の運命は神のみぞ知るところだとは思いますが、プロレスラーになる可能性も噂されていましたし、今後どういった道を彼が歩んでいくのか非常に気になるところではありますね。

スポンサーリンク

清原は釈放後に野球に携わるのか?

彼はこの前保釈されましたが、それと同時に千葉県松戸にある病院へと直行しました。

多数のヘリやバイクが彼の乗った車を追跡していたわけですから、病院がバレてしまったことは初めから予想されていました。

報道の自由とはいえ、近隣住民の皆さんの迷惑になっていることは言うまでもありませんし、ここまでくるとどこか清原が可哀想に見えてしまうほどです。

そして、この病院内では覚せい剤の治療を受けているわけではなく、糖尿病の治療を受けていることが判明しました。

もちろん、これが嘘で薬を抜くための治療を行っている可能性はありますが、それ以上に気にかかる話題がありましたね。

それは、清原が野球の練習をするために、用具を持ってきてくれないかと関係者に求めていたことです。

この言動から分かるように、彼は野球そのものを嫌いになったわけではないうようですね。

ただ単に体を動かしたくなったという気まぐれかもしれませんが、それにしてもわざわざ野球用具を持ってくるように求めたということは、彼はこの先に「野球に関係している仕事」に携わりたいと考えているのではないでしょうか。

私は清原自身、野球にこれからも何らかの形で恩返しをしていきたいのではないかと考えていると思います。

考えられる材料としては以下の通りです。

  • 番組内で言っていたこと
  • 経済状況
  • すでに話が決まっている可能性

これらを踏まえて今後の清原について考察していってみましょう。

番組内で言っていたこと

清原といえば、昔からバラエティ番組等にも引っ張りだこでしたから、テレビに出ていても「あ、清原じゃん」くらいにしか思ってない方が多かったでしょう。

しかし、彼の黒い噂が広まってからというものの出演する機会はかなり減っていき、テレビで彼を見ることは非常にレアになりました。

そして逮捕される直前に出演していたダウンタウンと坂上忍さんが進行していく「はしご酒」で彼は今後の人生について語っていましたね。

少しピリッとした空気の中坂上忍が気を使って場を和ませるようなことを言っていましたが、ダウンタウンのお二人が切り込んでいきましたね。

薬については一生懸命やっていないと説明していましたが、焦りすぎていて放送当時もバレバレでしたよね。

もちろん、この時その場にいた人間のほとんどが「やってるな」と感じた事でしょう。

そして、「入れ墨を入れているの本当なのか?」という質問がされました。

その場でシャツのボタンを外して見せる清原に三人も「はぁ…マジなのか」という感じで対応していましたね。

ちょっと入れてみたくなった的な事を清原は言っていましたが、実際には相手を威嚇するために彫ったんでしょうね。

あの人相・ガタイからは想像できない程心が弱い清原ですから、精神を保つための1つの方法だったのだと思います。

この際にもう一つされたことが、「球団関係の仕事に戻りたいと思っているのか?」という質問でした。

彼はそれについて肯定しました。

入れ墨入れていてもやるの?という問いにも肯定しており、理由はどうあれ彼は野球に対する想いは多少なりとも残っているということが感じられました。

清原の経済状況

彼の経済状況はかなり厳しく、今まで野球で稼いできたお金も「覚せい剤」「豪遊」その他もろもろで使い込んでしまいほぼすっからかん状態に。

保釈金についても自身のお金からは出されていない為、これからそのお金を返すためにも、生活をしていくためにもお金を稼ぐ必要が彼にはあるわけです。

ここから何もしない…という選択肢は低く、そこで一番可能性があるのが野球関係の仕事だと思います。

スポンサーリンク

すでに清原にオファーが来ている?

やってしまったことは最低ですし、いくら英雄だと言っても許される事ではありません。

そのためには、それ相応の対価として反省する期間が必要ですし、奉仕作業といったことも進んでやっていかなければならないでしょう。

しかし、腐っても「清原」なわけです。

シャブ男になってしまっても、清原が微笑んでいれば「おお清原だ!」といって近づいて手を差し伸べる人間も多くいるでしょう。

落ち目になってギャラが無くなったこと・仕事を選んでいられないような経済状況・清原自身、野球に携わりたいという気持ちがある

これらを踏まえれば、お互いの利害が一致した上で、安く過去の英雄が雇えるのなら上出来な状況ができあがるわけですね。

犯罪をやらかしたといっても、まだまだファンはいますし、どこかしらからオファーはそれなりに来ていることでしょう。

最後に

今回は、清原が釈放された後に野球関係の仕事に就職するのかどうかというテーマで考察していきました。

またクスリ漬けにならないか心配ですが、清原にはどんな形であれ野球に関連したものに携わっていて欲しいです。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ