冨田真由の今後の活動や退院時期はいつ?傷跡の箇所や後遺症を考察

今回は、冨田真由さんの今後の活動や退院時期はいつなのか…といった内容をはじめとして、傷跡の箇所と後遺症についても考察していきたいと思います。

 

先日発生した岩埼の奇行によって、冨田さんは大きなダメージを負ってしまいました。

先日まで危ない状況でしたが、本日冨田さんが目覚めたようですね。

本当に良かったです。

 

数十カ所にダメージを受けた事から、輸血に関しても通常の2倍以上という想像もできない戦いを彼女はしていました。

その場所から彼女は無事に戻ってくることが出来たのはまさに奇跡といっても過言ではないでしょう。

 

さて、噂では「目」などにも岩埼から攻撃を受けたといった事が言われていましたが、果たして真相は一体どうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク

冨田真由の傷跡の箇所や後遺症について

それではまず、冨田さんが受けたダメージの箇所について考察していきましょう。

実際に冨田さんは20カ所以上にダメージを負ってしまったようですが、傷の箇所全てが具体的に明かされているわけではありません。

実際に報道があった内容としては、まず初めに「首」ですね。

 

彼女が病院で通常以上の輸血が必要になった原因でもあります。

お腹を攻撃された場合も、私達が生きていくために必要な臓器などが傷付く可能性が高く非常に危険です。

 

しかし、ご存知の通り首には「静脈」が存在しています。

その部分が傷ついて大量に血液が流れてしまうと、止血することは非常に難しく、同時に血が足りなくなってしまったことで、血圧が激しく下がり始めます。

そうなってくると、次に心配なのがその血液が使われるはずだった箇所に巡らなくなってしまう事ですね。

 

私たちの体は血液というものは必要不可欠なため、大量に出血してしまった場合は生命の危機に直結してしまうのです。

脳はもちろん臓器などが血液不足となり、出血性ショックを引き起こす可能性があります。

今回の冨田さんの場合もこの確率は非常に高かったと言えるでしょう。

 

この出血性ショックとは、大量に血液が流れてしまう事によって、内臓の血流を維持する事が出来なくなってしまい、結果的に細胞が上手く機能する事が出来なくなってしまう状態です。

体全体に存在する血液の約2割が失われた時に発症すると言われていますが、彼女の傷の多さ、輸血量などを踏まえても、彼女が出血性ショックを起こしていたとしてもおかしくは無かったでしょう。

迅速な処置が出来ないと非常に危ない状態なのです。

→岩埼友宏のツイッターと顔画像!動機や手段・職業出身がヤバい

次に顔です。

首を初めとして顔にもダメージを受けた可能性は非常に高いですね。

報道では「目」にも攻撃を受けたといった事が流れましたね。

顔に傷を負ってしまっていた場合は、女性としてかなりショックが大きい事は言うまでも無いでしょう。

生きていた事が奇跡としか言いようがない状況でしたが、これから彼女は人と顔を合わせる事さえも辛く感じてしまわないか心配です。

 

目に関しての傷ですが、これに関しては「まぶた」なのか「眼球」なのかで話が変わってくるかと思います。

多くの方がイメージしているのは眼球に直接傷を負ってしまった…という物だとは思いますが、報道ではまだ正確な状況は伝えられていません。

分かっているのは、顔や首、身体全体ですね。

 

まぶたに傷が残ってしまっていたとしてもかなり目立ってしまいますし、まぶたはもちろん眼球だった場合は今後「後遺症」が残ってしまう可能性は高いです。

  • まぶたの運動機能低下
  • 視野が狭くなる
  • 視力低下
  • 調節が鈍くなる

具体的にはこれらのような後遺症が残る可能性があります。

眼球にダメージを受けていた場合は、「視力低下」や「視野が狭くなる」といった場合がありますし、たとえまぶた周辺だったとしても、「まぶたの運動機能低下」によって、まぶたを開いたり閉めたりする動作に障害が残るケースも考えられるでしょう。

身体

ご存知の通り、彼女は上半身などにもダメージを受けてしまいました。

彼は「○すつもりでやった」と言っていたように、その場の勢いで力任せに行ったようです。

深さはどうあれ、上半身全体は傷だらけになっていることは確実ですし、今後プールなどに行く際はかなり辛いのではないでしょうか。

 

秋冬は問題ないかと思いますが、夏場はかなり大変な思いをする可能性が高いです。

スポンサーリンク

今後の活動について

次は冨田さんの今後の活動についてです。

アイドルとして大切な顔や身体に傷がつけば、これからの行動もかなり大変なものになるでしょう。

ファンならば、容姿に関しては文句をつけないのかもしれませんが、一般的に考えれば目立つ傷が顔にあったりした場合は、かなりのハンデになってしまうのではないかと思います。

改めて岩埼の行動は許されないと実感します。

 

もし目立つ部分に傷が残っていたとしても、歌が好きな彼女ですから、怪我が回復次第、また弾き語りを続けたいと考えるかと思いますが、それまでにはかなりの時間が掛かるのではないでしょうか。

今回の件で、他人に対する不信感・不安感や、アーティストであることのリスクを大きく感じたと思います。

 

精神的にショックを受けている事は確実ですし、「また外を歩いていたら何かされてしまうのではないか…」といったことをまず考えるでしょう。

彼女の精神的状況や体力を踏まえると、もし復帰する気があったとしても、相当な時間が掛かってしまうでしょうね。

 

今回起きてしまった件については岩埼という男が完全に悪いわけですが、普通に考えて弾き語りの女性一人にここまで執着するファンが居るのも珍しい事です。

これに関しては、ファンの属性が関係していたのかもしれません。

ファンの属性とは?

ファンといってもアーティストによってファンの属性が変わってきます。

ライブへ頻繁に行く方は分かるかと思いますが、あまりライブに行かないと言う方にも分かりやすくご説明致します。

 

例えば、イケメン男性のアーティストのライブに行く方のほとんどは「女性

それに対してかわいい女性のアーティストのライブに行く方のほとんどは「男性

これに関しては、アーティストによっても変わってきますが、大体こういった傾向があります。

これで大体属性をイメージすることが出来たかと思います。

次は具体的な例です。

 

バンドのライブに来るお客さんと、アイドルのライブに来るお客さん。

このお客さんの属性には「違い」がある事を想像できますね。

 

前者よりも、後者のお客さんの方が「男性の割合が高く」、「熱狂度が高い」という事が想像できるかと思います。(一概には言えませんが)

冨田さんは元アイドルで、岩埼は彼女が弾き語りをしている時にファンになったのではなく、彼女がアイドルだったからファンになった人間です。

つまり、属性的には「弾き語りを純粋に聞く」ような人間ではなく、彼女の可愛らしい容姿に憧れてファンになったわけです。

 

そして、シンガーソングライターとして活動していたわけですが、アイドルとして活躍している頃に比べて、もっと「近く」で彼女の事を見られるようになった岩埼は、考えが飛躍しすぎて自分は彼女と結婚をする運命であると勘違いしてしまったのです。

 

恐らくライブハウスに弾き語りのアーティストのライブを見に行く方で、ストーカーになる方は少ないでしょう。

  • では、なぜ彼はなってしまったのか→それは元々アイドルを追っかけていたから。
  • そのアイドルが自分の近くに居る→自分が特別な存在になった。
  • 特別な人間である自分が彼女に拒絶された→裏切られたと勘違いした。

 

こういった流れで岩埼は行動を起こしてしまったわけですが、やはりファンとアーティストが近すぎる距離に問題があったのではないか…と世間では言われていますね。

今回のケースはかなりレアだったのだと思います。

元々距離が近いことが魅力のアイドル(冨田さんの場合は期間限定)が、シンガーソングライターとしてより近くになったことが、岩埼のハートに火をつけてしまったわけです。

退院時期はいつ頃?

では次に冨田さんの退院時期はいつ頃なのか考察していきましょう。

今回の件が発生してから回復傾向にあったとはいえ、身体的にはまだまだ完治していませんし、精神的に落ち着くのも相当な時間が必要になってきます。

 

体の回復が何よりですが、やはり今後の大学生活などを考えると、心のケアは入念に行っていく必要があるでしょう。

今回の件でトラウマになってしまっている可能性は高く、なにより「PTSD」が不安視されています。

 

このPTSDは[Post-Traumatic Stress Disorder]の頭文字をとったもので「傷後ストレス障害」と呼ばれています。

過去に生命の危機に関わるような恐怖を体験した場合をはじめ、人間としての尊厳を汚されるような屈辱を感じた場合に発症する可能性が高いのです。

冨田さんの場合もこれに当てはまっていますね。

 

心のケアが完了して日常生活に戻ったとしても、何気ない時に過去の事を「鮮明」に思い出してしまう事があります。

生々しい当時の感覚が夢の中で現れたりするケースもあります。

 

こうなると、体の震えが止まらなくなったり、気分が悪くなったりします。

夢の中でこういったフラッシュバックが発生する事から、不眠症になる場合も存在します。

 

恐らく病院側はPTSDが引き起こされることを危惧して、予めかなり入念に心理療法で彼女の心の状態をケアしていくと思いますが、彼女の場合はそれこそ生命に直結する内容だったため、薬物療法も行われる可能性もあるでしょう。

ケアの内容としては、

  • 「冨田さんを脅かす存在はもう居ない」
  • 「岩埼はもう冨田さんに近づいてこない」
  • 「今回起きた事はもう終わった事」

といったことを冨田さんにしっかりと理解させることが必要になります。

時間はかかると思いますが、フラッシュバックのことを考えると、今後ライブハウスに行くことさえも当分の間は避けると思います。

最後に

今回は、冨田真由さんの今後の活動や退院時期はいつなのか…といった内容をはじめとして、傷跡の箇所と後遺症についても考察していきました。

 

非常に恐ろしい件でしたが、無事に冨田さんの容体が回復して安心しました。

まだ完全に回復していませんし、これからまだ大変であることは分かっていますが、なにより目を覚ましてくれたことが嬉しいです。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ