きゃりーぱみゅぱみゅの本名やすっぴん画像!整形は本当?

今回は、きゃりーぱみゅぱみゅの本名やすっぴん画像をはじめ、整形は本当なのかという点について考察していきたいと思います。

 

きゃりーさんといえば、読者モデルからはじまり、現在では音楽面でも素晴らしい影響力を持っている1人の「アーティスト」として日本国内にとどまらず、海外でも評価されているのは言うまでもありません。

最近ではセカオワのフカセさんとの破局を報じられていましたが、正直なところ本当に付き合っていたのが驚きでした。

 

フカセさんといえば、独特な世界観をもっており、女性関係に関してはあまり興味が無い人間だと勝手に思っていたので、まさかきゃりーさんとくっ付くとは思いませんでしたね。

スポンサーリンク

きゃりーぱみゅぱみゅの本名について

「きゃりーぱみゅぱみゅ」という芸名はとても個性的ですよね。
思わず噛んでしまいそうで、彼女を紹介するアナウンサーを思わず心配してしまうほどです。
高校時代に友人から外国人風に呼ばれていた「きゃりー」と、お笑い芸人サバンナ八木真澄さんのギャグ「ぱみゅ」を合わせたものだという話は有名です。

 

では本名はどのような名前なのでしょうか。
芸名から本名が全く想像できないので逆に気になってしまいますね。

本名は卒アル画像などから「竹村桐子(たけむらきりこ)」さんだと言われています。
「竹」と「桐」が伝統的な日本をイメージさせる美しいお名前ですよね。
世界に向けて日本のKAWAii(カワイイ)文化を発信しているきゃりーぱみゅぱみゅさんにぴったりですね。

 

すっぴんについて

つけまつ毛やカラコンを駆使してぱっちりした目が印象的なメイクのきゃりーぱみゅぱみゅさん。

すっぴんは色白で目が大きく、赤ちゃんのようなベビーフェイスです。

もともと童顔でかわいい顔立ちですが、オンの時はつけまつ毛とカラコンで目力をアップさせており印象がかなり変わりますね
個人的にはすっぴんもピュアな感じがしてとても好きです。

実際にこんなかわいい子が周りにいたらかなり目を引くでしょうしモテそうですね!

スポンサーリンク

きゃりーぱみゅぱみゅは整形している?

きゃりーぱみゅぱみゅさんは整形しているのでしょうか。
過去の写真と現在の写真を比較してみました。

 

彼女の顔で整形かどうか気になる部分は「目」と「涙袋」です。
「鼻」も整形疑惑がありますが、鼻の整形をする人はもっと高くすると思うので、個人的には鼻はお直ししていないと思います。

中学生までは切れ長でクールな奥二重でしたが、高校時代には今のような丸い目になっています。
過去の画像は目元のアップがなくはっきりとわかりませんが、現在のきゃりーぱみゅぱみゅさんの目頭は一般的な日本人に比べ切れ込んでいるように見えます。
また涙袋も以前よりぷっくりしており、すっぴん画像でもかなり膨らんでいるのがわかります。
アイシャドウで際立たせているせいもありますが、以前は涙袋が膨らんでいませんでしたのでかなりあやしいと思います。

 

平行二重にするための目頭切開や涙袋をぷっくりさせるのは最近の整形手術のトレンドなので可能性は否定できませんね。

もちろん加齢によって一重まぶたが二重になるということもありますが、きゃりーぱみゅぱみゅさんはまだ若いですし加齢は考えにくそうです。
ただ、最近のメイク技術はすごいですから、整形なしで今のような顔に変身している可能性もありますね。

 

整形の有無に関わらずきゃりーぱみゅぱみゅさんがかわいく魅力的であることには変わりありません。

 

きっと内面からかわいさや好奇心があふれでているのでしょう!
年齢を重ねても少女のようにキュートで、楽しいことを追究するきゃりーぱみゅぱみゅさんでいてほしいです!

 

最後に

今回は、きゃりーぱみゅぱみゅの本名やすっぴん画像をはじめ、整形は本当なのかという点について考察していきました。

 

過去に出演していたDVDでは、現在のきゃりーさんとはちょっと印象が違うお顔をされていましたが、やはり売れるためにはこういった面でも努力をするしかないのかもしれませんね。

もちろん、フルオリジナルの女優さんやモデルさんも芸能界には沢山いらっしゃいますが、最近の方ではプチ整形をしたりすることは、割と普通に行われているようです。

 

整形していることを知った時はちょっとショックを受けてしまいますが、これに関しては仕方ありません。

海外で活躍されているスーパーモデルも実は整形していた…なんてことは意外とざらに存在していますし、日本でもスタンダードになってきている可能性は高いですね。

日本に住んでいる一般人としてみれば、整形する事は周りの人間の視線もありますし、ちょっとハードルが高いですが、美を追求していく方にとってそれは通過点という考えになってきているのかもですね。

 

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ