松山たてこもり本田一弘の顔画像と動画!彼女や職業・真相動機は

今回は、松山たてこもりの件について、嘘をついていたとみられる本田一弘の顔画像と動画についてお伝えしていきたいと思います。

また、彼女や職業、そして動機についても触れていきましょう。

 

さて、先日から17時間と言う長い間緊迫した状況が続いていたわけですが、その結末は意外なものとなりました。

素直に家から出てきた男ですが、なんと家の中では彼女と一緒にはしゃいでいたのです。

報道されている様子をみてケラケラと笑っている、典型的な悪ガキの様に私は感じてしまったのですが、こんな年齢になってもこういったことが出来るのがDQNなんですね。

 

それではまずこの本田という男の顔画像について見ていきましょう。

スポンサーリンク

本田一弘の顔画像と動画

それでは早速、本田の画像についてです。

そこらへんに居そうな中年のおじさんですね。

見た感じは、こんなことをする人間とは感じませんが、実際の頭の中はパッパラパーだったわけです。

年齢差はあるものの男女ともそこらへんに存在する典型的なDQNカップルですね。

世間を騒がせていた裏で、まさか男女仲良くテレビ中継を見ていたとは誰も思っていなかったでしょう。

さて、この様子は2人によって撮影されていたわけですが、元ネタは動画です。

良い年齢なのにこういった事が出来る神経がわかりません。

完全なる自作自演ですね。

 

何を考えてこういった行動をしたのか。

非常に気になるところですが、本田が発言していたキーワードが手掛かりになりそうです。

 

自作自演の動機と真相

それでは次にこの男と女がなぜこのような自作自演行為に及んだのかという事について触れていきましょう。

普通に「誰かに自分たちの行動を見てほしい」と考えていたからですね。

 

そしてこの男が発言していたキーワード

  • お父さんと話したいだけ

恐らく、この女の父親に当たる人間だと思いますが、その人間と話をしてもらえないから、今回のような行動を起こしたのではないでしょうか。

警察関係者に本田が話したい人物が居るといった事も言っていましたが…

  • お父さん→警察関係者

ということなのではないでしょうか。

 

お父さん(警察関係者)には普段から相手にされていない。

そのため、どうにかして気を引きたい、まともに話し合ってほしい。

そういったことから、今回のような大胆なアクションを起こしたと考えられますね。

スポンサーリンク

女との関係

最初に説明するべきでしたが、単純にこの女と男の関係について気になっている方も多いと思います。

普通に考えれば交際していると感じてしまいます。

確かに報道にも「昔に交際していた…」といった内容が流れましたからね。

 

なんとなくですが、この真相には2パターンあるのではないか…と私は考えています。

まず、一つ目のパターンですが、

  • 「交際を許してくれない・話すら聞いてくれない女性側の父親を呼び出すため」

 

もう一つのパターンが

  • 「この女には何か父親に頼まなくてはならないことがあったが、中々言いだせない。そのため、本田が女に変わって父親と話をしてあげようと思った」

完全に個人的な想像でしかありませんが、もしかすると本田はただ単に女のために何かしてあげようと行動をしていただけなのかもしれません。

 

つまり、関係としては

  • 交際している
  • 単なる年の離れたいい友人

だったのではないでしょうか。

 

職業について

それではこの2人の職業について考察していきましょう。

公にはなっていませんが、40代になって無職という事は考えられませんが、テレビにこういった形で出演することになると、今後は解雇される可能性は高いです。

そのため、この日のためにすでに退職をしていた可能性はありますね。

まさに、この女のために特攻したわけです。

 

そして、もう一方の女の職業ですが、見た感じだとフリーターあたりでしょうね。

人を外見で判断してしまうのはよくありませんが、やはりこの後先考えずに動画を撮ってしまったことや、人の気持ちを考えない頭の悪いオーラが漂っています。

正社員であれば、前述した通り解雇されるでしょう。

そのため、フリーター生活を送っていた可能性が高いのではないでしょうか。

 

最後に

今回は、松山たてこもりの件について、嘘をついていたとみられる本田一弘の顔画像と動画についてお伝えしていきました。

 

ここまで人に迷惑をかけておいて、裏ではバカにしていたわけですから、今後は誰にも相手にされないでしょうね。

なにより、この年齢になって善悪の判断も出来ないような大人が存在していたことに私は驚いています。

いくら頭が悪いと言っても限度があります。

 

動機や真相についても触れていきましたが、やはり「自分たちの関係を親たちに認めてもらいたい」という気持ちから行ってしまったのでしょうね。

正直バカバカしいという言葉しか見当たりませんが、この2人にはしっかりと禊を行ってほしいですね。

話をしたかったお父さんも呆れ返っているでしょう。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ