舛添の第三者の元検事弁護士とは誰?名前を公表しない理由

今回は、舛添の第三者の元検事弁護士とは誰なのかといったテーマで、この弁護士の名前を公表しない理由について考察していきたいと思います。

 

さて、彼の辞任はいつ頃なのか多くの方が気になっているとは思いますが、まず確認しなければいけないのが、舛添は本当に政治資金を不正に使用したのか…という点ですね。

記者会見では、一連の騒動に関してその場では答えずに「厳しい第三者の目」にて判断してもらうと回答しました。

この件について納得いかないと感じた方は少なくないでしょう。

 

ここまで証拠が突きつけられているのにもかかわらず、潔く認めずに、ネチネチと粘っているこの様がなんとも情けないですね。

 

ここで気になってくるのが、彼が口にしていた「厳しい第三者の目」という言葉。

彼は先日、調査を行う上で、第三者を用意したようですが色々と謎に包まれていますね。

果たしてこの人物らは一体誰なのでしょうか。

スポンサーリンク

舛添が用意した第三者の正体は誰?

それでは早速、つい先日選任したとされる「第三者」について見ていきましょう。

まず初めにそもそも第三者と言っておきながら、自分で用意している時点で怪しい匂いがプンプンしているのですが、ここはツッコんではいけないのでしょうか。

それはさておき、舛添が特殊召喚した第三者は、元検事をしていた弁護士2人だといいます。

 

ご存知かと思いますが、検事は日ごろから法律違反した人間を調べ上げて、起訴するか否かを決めています。

まさに警察庁の法律家といっても過言ではない存在です。

 

そういった方が検事から弁護士にジョブチェンジしたということですが、それだけの実績があるならば、恐らく安全だろうと思ってしまいますね。

ただ、引っ掛かるのがこの2人の「名前」などの詳細について舛添は一切明かすことをしていないという点ですね。

 

氏名を公表しない理由

この弁護士の情報を非公開にしている理由は、弁護士からの申し出だそうです。

調査期間中に氏名などを明かされてしまうと、影響が出てしまう…とのこと。

 

そのため、氏名などを公開するタイミングについては、調査結果が公開される時になるそうです。

正直なところ、最初は舛添がなにかまた悪だくみをしているのかとも思っていましたが、調査中は名前を公表してしまう事によって支障が出るんですね。

初めて知りました。

 

どうしてこの弁護士らを選任したのか?

この弁護士を選任した理由は、あの会見でも言っていたように「第三者の公正な目で厳しく調査」してもらうためですね。

2人の弁護士自体をチョイスした人間は、舛添ではありません。

 

元検事という実績があるこの弁護士を探し出してきたのは、知り合いだと言います。

それに加えて事務所も関連しているとも発言していましたね。

果たして信じていいのか怪しいところですが、現状は調査結果が出るまで待つしかありませんね。

スポンサーリンク

不正はないのか?

世間では「舛添」というフレーズを聞くだけでマイナスな印象を抱いてしまうようになってしまいましたが、もちろん彼が関連している物についても嫌悪を抱く方もいらっしゃるでしょう。

  • 不正をやるだけやっておいて、しらばっくれる。
  • 最後の最後まで都民からの税金を懐に入れようと、辞任をしないセコさ。

様々な面を見ると、完全にダークサイドの人間ですよね。

 

こんな人間がまっとうに自分の調査をするとは思えません。

舛添が選任した時点で、「公正な第三者の目」ではないと感じますし、裏で買収されている可能性も十分にあるでしょう。

ここまで汚いことを平気でやってのけてきた舛添が、弁護士を買収することなど朝飯前なのではないでしょうか。

 

もちろん、舛添の口からは「この2人の弁護士と喋ったことも無いし、会ったことも無い」と発言されています。

この男の発言は全て怪しいと感じてしまいますね。

 

一般的に、第三者委員会を行う上で弁護士の名前を明かさないと言うのは非常に珍しいことです。

この舛添の調査をする弁護士と同じキャリアを持つ方も、この件に関しては「非常に違和感を感じる」と答えていましたね。

 

最後に

今回は、舛添の第三者の元検事弁護士とは誰なのかといったテーマで、この弁護士の名前を公表しない理由について考察していきました。

 

先日の舛添が福島へ会議に参加した際も、椅子に座って目をつぶって、眠そうな表情をしていましたね。

それについて、記者に聞かれると「寝てたのではない。自分は積極的に発言をしていた」と反論していましたが、この態度もなんだか腹が立ちましたね。

絶対に今のポストを降りる気はないといった気持ちも見て取れましたし、どうもそこまで堂々としている様が納得いきませんね。

 

バレバレな嘘を平気で突き通しているこの人間性には、毎度恐れ入りますが、ここまでやらかしている舛添を支持する都民の方はどれだけいるのか疑問ですね。

私生活も政治資金でまかなってそうなイメージを持たれている男の結末はいかに。

 

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

舛添要一関連記事

→「舛添要一が辞職を決めた理由!東京五輪の影響や新都知事は誰?」

→「舛添要一の給料・年収・時給!韓国人の嫁と子供を画像で考察」

→「舛添要一の退職金やボーナスは支給!辞職後の職業や生活は?」

→「舛添要一の性格や辞任時期はいつ?今後の後任は誰か予想」

→「舛添の朝までファミコンの内容がクソゲー!値段や予言がヤバい」

→「舛添を辞めさせる方法はリコール署名?辞めない理由や別荘の場所も」

→「舛添の厳しい第三者の目は流行語大賞?調査結果はいつ出る」

スポンサーリンク


One Response to “舛添の第三者の元検事弁護士とは誰?名前を公表しない理由”

  1. 匿名 より:

    守銭奴のような舛添都知事にとっては世間に何言われようが6月1日現在在籍していれば380万円の夏期賞与が手に入り、あと1年数か月在籍すれば4000万円の退職金が入るので、我慢、我慢、我慢でしょう。都民のことなぞどうでも良いのでしょう。
    金、金、金です。時間稼ぎ以外には何も見当たりません。

いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ