舛添の朝までファミコンの内容がクソゲー!値段や予言がヤバい

今回は、「舛添要一の朝までファミコン」の内容がクソゲー…といったテーマで、値段や予言についても考察していきたいと思います。

 

先日から問題になっている舛添要一ですが、5月中には絶対に辞任しない見通しですね。

給料をがっぽり貰ってからではないと気が済まないようですが、早く彼が裁かれる日を多くの方がの待ち望んでいる事でしょう。

 

舛添の騒動があってか、相当昔に発売された「舛添要一の朝までファミコン」が注目されています。

まずは内容や値段について見ていってみましょう。

スポンサーリンク

朝までファミコンの値段や内容について

さて、早速このゲームの値段から見ていきましょう。

このゲームが発売されたのは1992年の4月ですね。

現在価格は高騰しており、某オークションサイトでは平均的に15000~16000円ほどで出品されています。

初めの頃は売れていたようですが、現在では供給が割と高くなってきており、入札する人間もあまり居ない印象を受けました。

 

Amazonでは15500円~の中古出品となっています。

もしお父さん世代が所有していた場合にはちょっとゲームをやらせてもらうのも良いかもしれませんね。

これからこんな人間にはならないように、反面教師として舛添の事を見ることができるでしょう。

 

youtubeの再生数はかなり伸びているようですね。

ご覧になった方はご存知かと思いますが、中身は非常にクソゲーです。

 

主人公は自社の大きな企画を成功させるために「接待」、「談合」、「賄賂」といた事を頑張るビジネスマンという設定です。

舛添が監修しているわけですが、作中で舛添は困った時にヒントをくれるキャラクターとして登場しています。

 

 

迷言とも取れる様な発言がかなり散りばめられていますが、内容はすぐに飽きが来てしまう作品といって間違いないでしょう。

ファミリーコンピュータには名作が沢山ありますが、この朝までファミコンに至ってはまさに迷作。

スポンサーリンク

ゲームの内容が今の舛添を予言していた?

そして話題になっているのが、もう一点ありますね。

この朝までファミコンが現在の叩かれている舛添を予言していたかのような内容・付録になっているのです。

この頃の舛添は政治家として活動はしていませんでしたが、今となっては完全にネタ作品として多くの方々に受け継がれています。

 

予言とも取れる内容は、付録の小冊子「舛添要一書きおろしBOOK」に書かれています。

  • その費用は誰が出しているかを考えるべきだ。自前の金も出せない男に自由は無いのだ
  • 公私混同は失敗の元
  • 仕事も趣味も中途半端なヤツは成功しない
  • ビジネスがらみか、自分自身の楽しみのためかを区別できない男はダメである

といった素晴らしい格言が書かれています。

もちろんこれはゲームの製作会社が作ったものではなく、舛添自身の言葉です。

 

あれ、この言葉…今まで舛添本人がやらかして問題になってきた事とそっくりではないでしょうか。

お見事なブーメランですね。

ここまで綺麗に自分に返ってくるとは思っても居なかったでしょう。

 

過去の舛添が現在の自分を見たらどんなことを思うんでしょうね。

ゲームの格言とは対照的に、

  • 「せこい」
  • 「汚い」
  • 「情けない」

といった三拍子がそろった”ダメ”な男として有名になってしまっており、誰がどう見ても悪人です。

他人の事を言う割に自分は全然出来ていない人間代表メンバーに余裕で選抜されるほどのダメ人間ぶりですね。

 

確かに努力をしている事は凄いと思いますが、悪いことをしたらそれ相応の対応は受けるべきです。

誰がどう見てもやっていると分かり切っているのに、やっていないと押し通して、最後の最後まで都民の金を奪おうとしているこの男は、近い将来確実に天罰を受けると思います。

 

最後に

今回は、「舛添要一の朝までファミコン」の内容がクソゲー…といったテーマで、値段や予言についても考察していきました。

 

内容もクソゲーでまるで舛添本来の人間性を表しているようでしたね。

小冊子やゲームの内容に出て来る言葉・賄賂など、確実に現在の舛添がやらかした行動でしょう。

 

都民からしてみればここまでのろくでなしに税金を払っていた事実が非常に悔しいと思います。

最後の最後まで金に執着するこの男の生き方は絶対に真似をしたくないと改めて実感させられました。

彼が今回の件で干されてまっとうな人間に戻るとも思いませんが、絶対に許すことはできません。

 

ここから彼は自分の用意した弁護士の厳しい目で、しっかりと調査をしていくとのことですが、ここでも姑息な手段を使って生き残ろうとするのでしょう。

自分が用意した弁護士は第三者ではありませんね。

 

もっと説得力のある言い訳をしてほしいとビートたけしさんも仰っていましたね。

彼の後任が誰になるかは分かりませんが、舛添よりもたけしさんの方が数倍良い気がします。

→舛添要一の性格や辞任時期はいつ?今後の後任は誰か予想

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

舛添要一関連記事

→「舛添要一が辞職を決めた理由!東京五輪の影響や新都知事は誰?」

→「舛添要一の給料・年収・時給!韓国人の嫁と子供を画像で考察」

→「舛添要一の退職金やボーナスは支給!辞職後の職業や生活は?」

→「舛添の第三者の元検事弁護士とは誰?名前を公表しない理由」

→「舛添を辞めさせる方法はリコール署名?辞めない理由や別荘の場所も」

→「舛添の厳しい第三者の目は流行語大賞?調査結果はいつ出る」

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ