日産が三菱を買収?浦和レッズと横浜マリノスの関係はどうなる

今回は、日産が三菱を買収?浦和レッズと横浜マリノスの関係はどうなるのか…といったテーマで考察していきたいと思います。

 

先日から三菱の不正が発覚して大変なことになっておりますが、多くの方が三菱倒産の可能性について考えていたのではないでしょうか。

不祥事を起こしたことにより、購入を検討していた人間はどんどん離れ、乗っていた人間すらも裏切る事になったわけですから、とんでもない影響を受けることとなりました。

私も流石に今回の件はマズイなぁとは思っていましたが、まさかこういった形で調整が入るとは思いませんでした。

スポンサーリンク

日産が三菱を買収?

今回話題になっているのは、日産が三菱に出資をしたという件ですね。

周りのメーカーが燃費の良い車種をどんどん開発している現状に焦って、自社でも負けないように工夫を凝らしていたわけですが、苦肉の策が「燃費の偽装」。

この不祥事によって相当なダメージを受けた三菱は、経営自体危ういのではないかと言われていました。

 

データ不正のポンコツカーを売りつけたお客様に対して、「エコカー減税」や「ガソリン代」の補償義務が与えられています。

それらを考えるとこれから、社員のリストラなども考えられましたし、新卒で入った社員はさぞ後悔していたことでしょう。

 

今回日産が三菱に3割出資することを持ち掛け、それを三菱が承諾したことにより実質、三菱は日産の傘下に入ることになったわけです。

金額にすると約2000億円と言われています。

 

これから支払う補償金や、社員に支払うお金。

燃費のデータ偽装に加えて、リコールを無かったことにしたあの隠ぺい事件などが明らかになってしまったおかげで、三菱というブランドのイメージはもうボロボロ。

ユーザーを裏切った報いは数字に現われており、どんどん右肩下がりになっていたため、日産の誘いを受けるしか打開策が無かったのでしょう。

スポンサーリンク

浦和レッズと横浜マリノスの関係はどうなる?

三菱が日産の傘下に入るということで、レッズとマリノスの関係を気にしている方も少なくは無いでしょう。

レッズは三菱、マリノスは日産がそれぞれスポンサーに付いています。

そのため、もし三菱が完全に日産に買収された場合はどうなってしまうのか心配になりますよね。

 

ネット上では

  • 「横浜FRマリノスにすればいい」
  • 「レッズのクラブ方針が変わる可能性があるかも」
  • 「八百長になるのでは」
  • 「レッズがマリノスに吸収されて究極完全体になるのか」
  • 「買っちゃえ日産」

といった意見が多く上がっています。

三菱が消滅した場合は、レッズに別のスポンサーがまたついて三菱とはサヨナラ、もしくは別の三菱グループが頑張るのではないかと思っていたのですが、まさかマリノスと合体するのではという意見があって驚いています。

 

まさかとは思いますが、そうはなってほしくありませんよね。

ただ、三菱がサッカーチームに提供できる余裕があるのか非常に気になる部分ではありますよね。

 

最後に

今回は、日産が三菱を買収?浦和レッズと横浜マリノスの関係はどうなるのか…といったテーマで考察していきました。

 

なんだかんだで日産は軽自動車部門作れちゃいそうですよね。

ちょっとばかしどんなコンセプトになるのか気にはなりますよね。

 

 

露骨すぎますが、弱ったライバル会社にカマをかけるタイミングとしてはバッチリだったのかもしれません。

もう火が着いて全体に周り始めていましたから、苦肉の策でしたね。

 

そして気になるのがランエボの存在です。

GT-Rにランエボ。

果たして今後日産と三菱がどういった風に展開していくのか目が離せませんね。

 

しかし、どうしてもデータ不正に加えて、お家芸のリコール隠しに関しては許せないんですよね。

三菱はもう乗っては居ませんが、不祥事発覚直前に購入していたかと思うと恐ろしいです。

これまでの行いを踏まえると、ユーザーの方にジャブジャブ補償金を渡すべきですね。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ