GWの終わり!休み明けに仕事学校に行きたくない、やる気がでない理由

今回は、GWが終わり、「仕事に行きたくない」さらには「やる気がでない」という方に向けてのアドバイスをしていきたいと思います。

 

GWの始まる前というものは凄く「ワクワク」していますよね。

長期休暇を満喫している最中ももちろん楽しいのですが、徐々に近づいてくる休みの終わりにビクビクしてしまう方、げんなりしてしまう方は少なくないでしょう。

 

そして、GW最終日には皆が「仕事に行きたくない」ということを考えるはずです。

本当に鬱になるほど出勤が嫌で、そのままバックレてしまう方も例年出ていますね…

ではどうすれば、この気持ちを克服する事ができるのでしょうか?

スポンサーリンク

ブルーマンデー

この言葉を聞いた方は多いのではないでしょうか。

社会人や学生の方で土曜日日曜日が休みとういう方が多いと思います。

休日中にこう感じたことはありませんか?

 

「明日月曜じゃん。仕事(学校)に行きたくない…」

これがまさにブルーマンデーというものですね。

さらにこれが悪化すると、ブルーマンデー症候群になり、次の日の仕事(学校)の事が悪い意味で気になってしまい、熟睡できなかったり、朝起きた時に頭痛が起きてしまったりすることです。

 

思いっきり遊んだり、心行くまで休んだりと休暇を満喫した後にはこの反動とも言える気持ちが押し寄せてしまう方が圧倒的に多いです。

GW明けは非常にこういったブルーマンデーになる方が多いわけです。

 

そのため自分だけがおかしいというわけではありませんし、それが普通であると思っても良いでしょう。特に社会人の方の多くが憂鬱になっていますね。

もちろん私も毎週こういった気持ちになっていますし、毎回毎回上司がキレている顔を寝る前に想像してしまい、中々寝付けないというパターンです。

会社を辞めたくなってしまいますし、朝起きた時に「このまま行かなくても…」なんてこともちらほら考えてしまいます。

 

さらに詳しく見ると、このようなブルーマンデーであちらの世界に旅立ってしまう方も多いのです。

10年以上前のデータですが、一年間を通してあちらの世界へ行ってしまった方で一番多かった曜日が「月曜日」です。

まさにブルーマンデー…

一番少なかった日は土曜日です。

まぁワクワクしていますからね。

 

ちなみに、一例ですが「日曜の夜に次の日の仕事に関してドキドキしたりと、精神的に不安定になって中々寝付けない」と言う方はブルーマンデー症候群の可能性があります。

スポンサーリンク

対策

ブルーマンデーになってしまうのは仕方ありません。

しかし、せっかく長期休暇で心を満たしたのに、仕事の事を考えて憂鬱になるなんて嫌ですよね。

続いては、ブルーマンデーをいかに克服するかという事をテーマにお伝えしていきたいと思います。

 

あまり深く考えない

単純なように思われがちですが、次の日の仕事のことをあまり深く考えないようにするというのはとても大切なことです。

 

「これからまた長い1週間が始まる」、「休日明けでヘマをしないか心配」

といったことを考えることは当然です。

しかし、あまりにも考えすぎるのはよくありません。

 

「1週間でまたボロボロになる」「怒られないか心配、叱られたらどうしよう」

先の事を考えて憂鬱になるのではなく、まずは最初の1日目のことを考えましょう。

それも重く考えるのではなく「いつもよりちょっと気楽に構える」というのがポイントです。

 

気楽に仕事なんてできねえよ!と思われる方もいらっしゃると思いますが、気楽に仕事をするのではなく、ちょこっと気楽に「身構える」ということです。

 

張りつめた精神状況が続いてしまえば、安眠もできませんし、朝起きるのも辛いです。

不安でドキドキしてしまっている方や、本当に行きたくなくて悩んでいる方はまず、肩の力を抜きましょう。

自分で気がつかない間に自然と肩に力が入ってしまっている事が多いです。

気が張っている証拠です。

 

肩の力を抜いたら、次に深呼吸をしてリラックスしましょう。

少し落ち着くまで続けましょう。

どんなにリラックスしても誰も文句を言いませんので安心して脱力します。

 

ここまでの過程でまだ不安になっている方は、「何が不安なのか」を紙に書きだします。

どうして不安なのか、それを避けるためにはどうしたらいいのかと言う流れで一つ一つ解決策を書きだします。

 

例1

「○○が不安」→「何故不安なのか」→「ミスしたら怒られる」

「どうやったらミスを避けられるのか」→「○○をしなければ良い」

 

例2

「ミスしたらどうなるのか」→「○○に怒られる」

「怒られたらどうなるのか」→「周りの人間に笑われる」

「笑われたらどうなるのか」→「恥ずかしい」

「そうなった場合はどうする」→「反省を生かして次から気を付ければよい」

 

もし、脱力しても明日の事が不安になってしまっている場合は、こういったことで不安を一つ一つ解決することをオススメします。

そもそもリラックスが出来ないという方向けですね。

現実的な解決方法を探っていくというやり方です。

 

他にも

こういった方法の他にも、ブルーマンデーを克服する方法はあります。

  • 休み明けに重要な約束や仕事を入れない
  • 夜更かしをしない
  • 仕事が始まる前日は体を動かす
  • 1週間単位で頑張ろうと思わず、最初の1日だけを乗り切る

 

最後の週単位ではなく、最初の一発目を頑張るということは確かに重要ですね。

気が重くなる原因は、身構えてしまうことですから、「最初だけ頑張ろう」という気持ちで臨むことは意外と大切です。

 

最後に

今回は、GWが終わり、「仕事に行きたくない」さらには「やる気がでない」という方に向けてのアドバイスをしていきました。

 

体力的にと言うよりもこれは完全に気持ちの問題ですよね。

逃げたくなる気持ちも分かりますし、どうしようもない気持ちになってしまうことも悪いことではありません。

 

最初の1日だけ軽く乗り切れば後は流れでなんとかなることがほとんどです。

憂鬱になるのではなく、次の休みの事を考えたりした方が断然捗ります。

まぁ私の場合は、乗り切るぜ!という気持ちではなくびくびくしながら仕事に向かいますが。

 

GW明けは気持ち的に憂鬱ですが、ひとまず初日を乗り切りましょう。

それでは最後までご覧になって頂きありがとうございました

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ