ベッキーと川谷絵音の現在がヤバい!あざとい手紙で復帰は無理か

今回は、ベッキーと川谷絵音の現在について考察していきたいと思います。

 

あの不倫報道からかなり時間が経過しましたが、ベッキーは週刊文春宛に手紙を送りましたね。

あざといと称された手紙を送ったことが非難されておりますが、そういったことも含めて復帰は無理なのでは…とも言われています。

 

視聴者や芸能人の方々からの目もありますし、今後もベッキーさんは精神的にかなりキツいのではないかと思いますが、果たして彼女が送った手紙の内容とはどんなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

ベッキーが送った手紙について

まずはベッキーさんが川谷さんに送った手紙についてですね。

全文が掲載されましたが、簡単にその内容をご説明いたします。

 

  • 冒頭

川谷さんとの件が報道されて、奥さんの手紙を拝見しました。

そこから何度も文春さんから「インタビューをさせてくれないか」という依頼を貰っていました。

 

何度も断ってきましたが、文春さんは色々な方法を提案して、何とかインタビューをさせてくれないかとご連絡して頂きました。

しかし、インタビューは出来ません。

お許しください。

 

しかし、1月に記者会見をしたことがきっかけで、世間の方々を混乱させてしまったことは間違いありません。

今回このような形で手紙を書いた理由は、ファンの方々や色々と疑問を持っている方に対してお伝えしたい点があったからです。

 

  • 今何を想っているのか

①まず初めに、「川谷さんの奥様に謝罪をしたい」と私は考えています。

とにかく直接お会いしてお詫びの気持をお伝えしたいと思っており、私が所属している事務所を通してコンタクトを取ろうとお願いしていますが、「川谷さんがその場に居ないのであれば難しい」ということでした。

川谷さんがその場に居れば謝罪をする機会をつくる事はできますが、もう川谷さんとは何の関わりもないという事を含めて奥様と直接お会いしたいと思っています。

 

  • 川谷絵音との関係は?

②川谷さんとの関係ですが、一切連絡を取っていません。

すでにもう川谷さんへの気持ちは無くなりました。

奥様の事が文春さんに掲載されたことで、はじめて奥様の気持ちを知り、ここでやっと自分の気持ちを改めることができました。

 

私は川谷さんを好きになってから彼が既婚者であることを知りました。

しかし、その気持ちを抑えることができなかったのは事実です。

私の行動は許されることではありませんが、せめて直接奥様の前で頭を下げさせて欲しいと願っています。

 

  • 記者会見の言動について

③記者会見についてなぜ私が「友人関係」と言ったのかというと、気持ちの整理もつかない状態で会見に望んだため思わず口から出てしまいました。

もう一つの理由は、川谷さんとは離婚が成立するまで「友人関係」で居ようと言われていたからです。

今思うと、「恋愛関係」にあったと言うべきでした。

 

多くの方に理解していただけなかったのも、質疑応答が無かったことが大きく影響していたと思います。

 

  • 締めの言葉

川谷さんとの関係を持った当初は自分の中で「好き」という感情が大きく芽生えてしまい、止めることが出来ませんでした。

周りを見ることもできず、今思うと本当に愚かでした。

 

さらには、会見で川谷さんとの関係を否定するような発言をしてしまったことを申し訳なく思っています。

このたびは、文春さんのインタビューにお応えすることができず、手紙を送るといった形になってしまったことをお許しください。

※文春がインタビューをさせてほしいと言っていた内容とは…

川谷の奥さんが書いた手紙が公開されてから

  • ベッキーはどんな生活をしていたのか
  • 川谷との関係は進展したのか

これらをベッキーの口から直接聞きたいと文春は話を持ちかけていた。

 

といった内容の手紙を文春宛にベッキーさんは自筆で綴って送ったわけですね。

確かに謝罪したいという強い思いと、ファンをはじめとした多くの方を混乱させてしまったことに対して申し訳ないという気持ちを感じることができますね。

 

しかし、この手紙を見て「あざとい」と感じた方は芸能人のあの方意外にもいらっしゃることでしょう。

 

あざといと感じる理由

では具体的にどこが「あざとい」と感じてしまうのでしょうか。

個人的になんだかなぁと思った文面を見て頂きます。

 

何も知らなかった

「奥様の事が文春さんに掲載されたことで、はじめて奥様の気持ちを知り、ここでやっと自分の気持ちを改めることができました。」

まずはここですね。

川谷さんの奥さんが文春に掲載されるまで私は何も知らずに居た。

川谷さんは離婚したいと言っていたから、それをずっと信じていた。

という風にも受け取れますね。

 

そして「私は川谷さんを好きになってから彼が既婚者であることを知りました」

この文面からも、「何も知らなかったんです!」という彼女の心の叫びを感じることが出来ますね。

 

気が動転してたから

「記者会見についてなぜ私が「友人関係」と言ったのかというと、気持ちの整理もつかない状態で会見に望んだため」

気が動転していたことは仕方ないとは思いますが、やっぱりこれは「ごまかそうとしていた」からそう言ったわけですよね。

世間の方々はこの手がみの内容を見ても「仕方ないよな」とは思わないでしょう。

スポンサーリンク

質疑応答があったら答えていたのか

「多くの方に理解していただけなかったのも、質疑応答が無かったことが大きく影響していたと思います」

 

では、質疑応答の時間があったらちゃんと説明をしてくれていたのでしょうか。

どんな形であっても不倫関係に対して理解をしてくれる方は少ないと思いますね。

 

手紙を出している時点であざとい

普通の人間はこう考えますよね。

手紙の内容云々ではなく、手紙を出している時点で多くの方におもちゃにされることは分かっていたはず。

それが「狙っている」と感じてしまうのでしょうね。

 

オリラジの田中さんも仰っていましたが、そういったあざとさを感じているからこそ川谷さんの奥さんも謝罪の場を拒否しているのだと感じます。

 

復帰について

復帰に関してはかなり難しいんじゃないかなぁとは思いますよね。

まぁ干されたというわけではないですし、ベッキーさんの行動次第でどうにかなるのでは…と感じますが、精神的にも難しそうですよね。

 

だからといって、CM出演に関してはイメージダウンに繋がる可能性は高いですし、まだ時間が掛かりそうですね。

100日以上日が経っているのにもこうやってネタにされるのも川谷さんが「不倫をしていましたすみませんでした。」と謝らないことが要因ではあるでしょう。

 

川谷さんの性格的にもストレートに謝るとは思えませんが、ベッキーさんが復帰するためには彼の行動も重要ではないかと思います

 

最後に

今回は、ベッキーさんと川谷絵音さんの現在について考察していきました。

 

これから復帰するまでにはまだ時間がかかりそうですよね。

めんどくさいですし、不倫していたと公の場でお話をすればいいのになぁとは思いますが、そうはいかない事情があるのでしょう。

それでは最後までご覧になって頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ