川谷絵音が久々にしたツイートの内容が意味深な件

今回はゲスの極み乙女のボーカル川谷絵音さんが久々にツイートしたということでその内容をお伝えしていきたいと思います。

1月に不倫報道が発覚してから全くツイッター上には現れなくなってしまった川谷さんですが、本日久々に彼がツイートしたということで話題を集めていますね。

ベッキーさんの様子が心配ですし、今後彼女は芸能界に復帰するのかどうかすら怪しい状況ですが、まずは彼女を今の状態まで追い込んだ川谷さんの心境について考察していってみましょう。

スポンサーリンク

川谷絵音が久々にツイート

いやぁいきなりで驚きましたが待ってましたという方も多かったのではないでしょうか。

インストアライブ等では最近まで彼だけは欠席していたことも多かったようですが、ゲスのライブは現在でもバンバンやっているようですね。

まぁ元気そうで何よりと言ったところですが、今回彼がツイートした内容がなんとなく意味深だなぁと私は感じたのでそれについてまずは見ていってみましょう。

誰に謝ればいいのか。

これに対して複数の週刊誌や世間の人間からは色んな意味に捉えられてしまったと彼は訂正したいことから今回ツイートをした大きな要因でしょう。

色々な切り取られ方

各種ニュース番組週刊誌など様々なメディアが川谷さんの発言に対して彼の心境を予想していましたね。

ベッキーに対して本当に申し訳ないと思っているのか?

奥さんに対して不倫をしたことを深くわびたのか。

そもそも不倫したという事に対して悪いことをしたと思っているのか?

彼が今日まで口を一切開かなかった期間の中であることないこと言われて来てしまいました。

おそらくツイートをしなかった大きな理由は火消しをしたかったのではないでしょうか。

しかし、その空白の期間がかえって彼の印象を悪くしてしまったのかもしれません。

案の定不倫報道があってから清原が覚せい剤を使用して大きなニュースになったりしましたが、まだまだ彼の行動を忘れた人間は少ないと言うことです。

 

やはりいまだに彼の行動をしょうがないで片付ける人間は少なかったようですね。

こういったツイートの中にも「勘違いをする書き方が悪かったのではないか?」というものがありました。

そうですね。

彼の作る歌詞にストレートな物というのはほとんど存在しませんし、そもそもそういった音楽は川谷さんは好んでいないようですね。

miwaさんを以前批判していたくらいですから、ポップすぎるものやストレートすぎる内容という存在が好きではないのでしょう。

だからといって、こういった公の場でやってしまったことを反省する機会まで斜めから物事を言わなくても良いと思いますけどね。

楽曲などの世界観にそのような視点が必要であることは確かですが、謝る場でするような内容ではありませんよね。

誰に対して発言したのか?

ファンに対して発言したのではないのなら誰に発言したのかと言う点が気になってくるのですが、果たして「誰に謝って良いのか分からない」という一文が意味する人物とはだれだったのでしょう。

自分で書いていて頭がぐちゃぐちゃになってきそうなのですが、川谷さんが以前このように発言した意味は、奥さんとベッキーさんどちらにどのように謝ったら良いのか分からないといった内容だったのではないでしょうか。

または、話題が大きくなりすぎて今まで関わってきた人物の誰から誤っていいのか分からない状況だった。そんな具合でしょうかね。

不倫をしていたのは事実ですし、川谷さんが奥さんに謝るのは当然です。

離婚に関しては否定的な情報が飛び交っていますし、初めから奥さんは彼を許すこと前提だったのかもしれません。

そしてベッキー…

川谷さんは実際のところ本当にベッキーさんとどのような関係を築きたかったのでしょうね。

まぁ卒論云々言っているくらいですから、奥さんと別れて乗り換えようとしていたことは容易に想像できます。

スポンサーリンク

結局のところ誰に対しての言葉だったのか。

書きなぐっているとごちゃごちゃになってしまうのでまとめておきましょう。

  • 奥さん
  • ベッキーさん
  • 両親
  • バンドメンバー
  • 音楽関係者
  • 芸能人でお世話になっている人間

斜めから発言をしている感じにとらえられがちですが、恐らくですが単純に彼の中では以上のような人間に謝りたいのだと思います。

謝る人間が多すぎて誰から謝ったらいいのかわからない。

これがあの発言の真相なのではないかと私は感じています。

最後に

今回は、川谷さんのツイートした意味について考察していきました。

これから先まだまだライブはやっていくつもりがあるようですし、ファンに対しては言葉ではなく音楽で真摯に恩返しをしていくというような発言をしていました。

ミュージシャンとしては正しいのかもしれませんが、ファンを裏切ったことは事実ですし謝らないのは人間としてアホだとは思いますね。

カッコつけたい気持ちも分かりますが、ここまでくると通り越して寒いです。

一言謝れば済むものをここまで長引かせるということは、自身達でも逆に炎上商法を狙っていたのかもしれませんね。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ