GWにUターンラッシュを回避する3つのポイント!ピーク日を知ろう

今回は、GWにUターンラッシュを回避する3つのポイントや、ピーク日について考察していきたいと思います。

GWの計画はもう既にお決まりだとは思いますが、楽しい思い出づくりをした後にはUターンラッシュが待ち構えています。

大型連休ということで帰省している方や、旅行へ行っている方のアクセスが重なってしまい大渋滞になるのは仕方がないことです。

しかし、このラッシュに巻き込まれずに家に帰って来れたらとてもハッピーな気分でGWを終えることができるでしょう。

スポンサーリンク

GWにUターンラッシュを回避する3つのポイント

楽しい旅行が終わってから待っているのは帰宅するまでの道のりです。

旅行先に行くときはワクワクして気持ちが高まっているため、少しくらい渋滞していてもまだ頑張れるのですが、旅行を満喫した後は少なからず疲れがでてしまって気が重いですね。

距離もそうですが、何より渋滞に巻き込まれてしまうと気が遠くなるような時間、いつまでも進めないあのイライラ感が押し寄せてしまい、運転するのが辛いです。

距離は縮めることは難しいですが、渋滞を回避する事が出来れば帰るまでの時間を短縮する事ができます。

そのためのポイントは以下になります。

  • 移動を開始する時間(車)
  • チケットをあらかじめ取っておく(公共交通機関)
  • 他人と日程をズラす

それらについて詳しく見ていきましょう。

移動を開始する時間

車で移動する際にラッシュに巻き込まれないポイントは「ピークを避ける」ということです。

抜け道を使うといった方法もありますが、土地勘の無い場所では中々そういった方法は難しいでしょう。

渋滞のピークの時間を避けることが、渋滞に巻き込まれないための最重要事項であるといっても過言ではないでしょう。

では一体どの時間帯に移動を開始するのが良いのか…

早朝であれば行けるのではないか…と思う方も少なくないと思いますが、これは巻き込まれるパターンです。

お昼、夕方に比べれば多少はマシですが、早朝はラッシュに巻き込まれる可能性が高いのであまりオススメしません。

ご存知の方も居らっしゃると思います。

Uターンラッシュに巻き込まれない一番の時間帯は「深夜帯」です。

深夜に運転をするのが大変であることは確かですが、渋滞になるべく巻き込まれずに車を家まで走らせたいのであれば、日が出ている時間帯ではなく「他の人間の行動が落ち着いてくる時間帯」を狙う事がポイントです。

そのためには…

  • あらかじめ誰が初めに運転するのかを決めておく
  • 交代が出来る場合はその人はゆっくり休息しておく

ということが大切になってきます。

運転をする日はゆっくりと過ごして置くことが第一ですね。

スポンサーリンク

チケットをあらかじめ取っておく

そして、次は公共交通機関を使った場合ですね。

新幹線を使って移動をする際に一番大変なのが、車両内でずっと立ちっぱなしでいなければならない…ということ。

みんな考えることは同じですから、すし詰め状態で新幹線に乗らなければならないケースは毎年出ています。

指定席のチケットが取れなくて、乗ってみたら人が溢れていた…なんてことを避けるためには「あらかじめチケットを取っておく」必要があるわけです。

座って帰りたいのであれば、帰る日にチケットを購入するなんてもってのほかです。

予約をしてしっかりと指定席のチケットを行き帰り分確保しておくことが快適に家に帰るために必要なポイントです。

他人と日程をズラす

なにより重要な部分が「他人と日程をズラす」ということですね。

仕事が始まる2日前に家について、仕事までの英気を養いたいというのが一般的な考えです。

そのため、皆予定が被ってラッシュになるわけですね。

今年のUターンラッシュのピークは5月4日~5日であると予想されています。

「仕事が始まる2日まえくらいまで旅行を満喫してから帰ろう」という方が多いためこういったことが予想されているわけですね。

逆に言えば、少し帰る日程を早めたり、遅めるだけでラッシュを回避することができるというわけですね。

仕事への影響を考えれば、やはり少し早めに旅行を切り上げるという考えがベターであると思います。

空いた分を自分の家で他の事に使えば良いですし、ほとんどを珍しい場所ですごすだけがGWの楽しみ方ではありませんからね。

家に帰ってからも渋滞に巻き込まれないような場所へ遊びに行くことが出来ますし、ちょっと冷静になるだけでまた違った楽しみを考えることが可能になるでしょう。

最後に

今回は、GWにUターンラッシュを回避する3つのポイントや、ピーク日について考察していきました。

せっかくGWに長い休みを確保できるのだから絶対に楽しみたい…という考えも分かりますが、ラッシュを避けたいのであれば冷静に日程を見直すことも必要になるでしょう。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ