ゴールデンウィークに行きたい近畿のデートスポット5選!

今回は、ゴールデンウィークに行きたい近畿のデートスポットをご紹介したいと思います。

もうすぐゴールデンウィークですね!そろそろどこに出かけるか計画を立てたい!と言うカップルは多いのではないでしょうか?
そんなカップルの方たちに「ゴールデンウィークに行きたい近畿のデートスポット」を5つご紹介します。

スポンサーリンク

オススメのデートスポット5選!

京都水族館

京都水族館は「水と共につながる、いのち。」をコンセプトにして2012年にオープンした水族館で、デートするならここ!と言うくらいカップルからの支持率が高いスポットです。

館内は9つのゾーンに分かれていて、テーマに沿った展示がされています。大人気の大水槽ゾーンは500トンの大迫力で海の中を再現している神秘的な空間です。

イルカとの一体感が味わえる「イルカスタジウム」や、可愛いペンギンたちの「ペンギンゾーン」なども人気です。JR京都駅から徒歩15分と徒歩圏内なのもポイントが高いですよね。

愛らしい魚や生き物と言うのは見ているだけでなんだか優しい気分になれますよね。日頃忙しくてちょっと疲れ気味・・・と言う方には癒し効果もあるかもしれませんよ!

近くにはお洒落なカフェやレストランも沢山あるので大満足の一日になるのではないでしょうか?

USJ(ユニーバーサルスタジオジャパン)

「東のディズニー、西のUSJ」と言われるほどの言わずとも知れた近畿のデートスポットですね。

いろんな映画のアトラクションやショーが楽しめるだけでなく、絶叫系マシーンもあったりととにかく一日いても飽きません。

一年を通して何らかのイベントも行われていますし、とにかく楽しいデートをしたいならここですね!

待ち時間もやはり結構あるので、その間にも色々な会話ができるので二人の距離が縮まる!と評判です。

付き合いたてのカップルで「会話が続くか心配」と言う場合でも、周りに映画、芸能人など話のネタが沢山あるので自ずから会話は盛り上がるのではないでしょうか?

「待ち時間さえ楽しい」デートをしたいならぜひUSJをオススメします。

東映太秦映画村

京都を代表するテーマパークとして親しまれている「東映太秦映画村」です。

修学旅行のイメージが強い方もいらっしゃるかも知れませんが、忠実に当時の様子を再現している江戸の町並みの散策は、大人になっても十分に楽しめますよ!

記念撮影を行える場所も沢山ありますしカップルで楽しく盛り上がれるのではないでしょうか。

運が良ければ芸能人に遭遇!なんてサプライズもあるかもしれませんね。

修学旅行で一度訪れた事のある方も、恋人と一緒だとまた違う楽しみ方が出来るのでオススメですよ!

スポンサーリンク

和歌山マリーナシティ

「和歌山マリーナシティ」は和歌山県の人工島にある、ショッピングやレジャー、マリンスポーツまで楽しめるオススメデートスポットです。

エリア内には地中海をイメージしたテーマパークの他に、手軽に釣りが楽しめる「海釣り公園」、天然温泉が湧き出る「設紀州黒潮温泉」などがありリゾートホテルまで完備されています。

世界のシーフードを美味しくいただけるレストランもあるので、食べて、遊んで、ショッピングして、温泉で癒される!と言うフルコースデートが可能です。

日頃なかなかゆっくり会う時間がない!と言うカップルもここでなら普段の分まで思う存分楽しめるのではないでしょうか?

アウトドアが好きな方も、ゆっくり過ごすのが好きな方もきっと素敵な一日を過ごす事が出来ると思いますよ!

びわこ花噴水

日本一の湖である琵琶湖。

そんな琵琶湖の付近にある噴水が「びわこ花噴水」です。

夜のライトアップされた様子があまりにも神秘的で美しい事から、近畿有数のデートスポットになっています。

とても静かな環境なので、恋人と二人で歩いているだけでロマンチックな気分になるのは間違いなしですね。晴れた日には「虹」が出る事でも有名ですね。
噴水と虹のコラボは想像を絶する美しさですよ。「虹を見ると幸せが訪れる」と言うジンクスがあるので、大好きな恋人と観れたら最高ですよね。

とにかくカップルで穏やかでロマンチックな時間を過ごしたい!と言う方にはオススメです。

最後に

今回は、ゴールデンウィークに行きたい近畿のデートスポットをご紹介していきました。

やはり、一年の中でも特に長い休みであるゴールデンウィークは仲を進展させるうえでもかなり重要なイベントですよね。

付き合いたてのカップルも、もう少しでカップルになりそうな方達も良い思い出を作るために事前にしっかりと計画を立てておきましょうね。

いかがでしたか?どこも大人気の近畿デートスポットです。今から計画を立てて素敵なデートタイムを楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ